芸能

浜崎あゆみの元恋人バックダンサーが“あゆとの関係”を激白!(2)交際中は常に一緒だった

20150409q-2

── そんな過酷な下積み時代を経て、12年8月にリリースされた楽曲のPV(プロモーションビデオ)で、内山は恋人役に抜擢されたのだ。

内山 ライブの演出や振り付けを任されるようになって、お互い意識するようになっていったんです。あゆから「マロのことが好きなんだよね」って言われた時に99%、「ウソだろ?」と思った。でも、あゆが「好きだよ」「一緒にいたいんだよね」って言うんだから、その言葉を素直に信じようと思うようになった。ウソかもしれないけど一緒にいたいって。そんな状況になった時「あゆがオレのことを好きになるわけない」って距離を置こうとするヤツもいたかもしれない。ただオレは違ったんですよ。こっちが心を開いていったら、どんどん急接近していった。オレが単純だったんですよ。

── だが当時、内山には離婚裁判中の妻とは別に、交際中の女性との間にもうけた息子もいた。浜崎との交際を発表するまでは、相当悩んだと言う。

内山 もう毎日が「呼吸困難」。子供がいて結婚したい人がいて、離婚裁判中の女性がいて、あゆがいて。家庭を守るために、あゆの言葉に耳を傾けてはいけない。そういうことを考えると訳がわからなくなったけど、最後は自分の「あゆを好きだ」っていう気持ちを信じようと思ったんです。それで家族を捨て、家を出てあゆのもとに行った。もちろん熱愛が発覚すれば、オレに妻子がいるうえ、子供がいる恋人もいることがスクープされ、絵に描いたような最低なバカ男だって、そんなふうに世間から思われることも覚悟のうえでした。

── かくして12年の11月14日、浜崎は会員制ファンクラブサイトで「マロちゃんとは真剣にお付き合いをしています」と内山との交際を宣言。いったいどんな生活だったのか。

内山 さすがに繁華街のド真ん中だと目立つので、ちょっと外れた路地裏のテラス席のあるおしゃれなレストランでデートしたこともありました。閉店間際のお客がいなくなった頃を狙って行くことが多かったかな。交際中は常に一緒にいたよ。ファーストクラスに乗り、パリとかハワイとかロサンゼルスやバリ島にも行って高いワインも飲ませてもらい、とても楽しかった。

── カメラの前でも、大勢のスタッフを引き連れて移動する姿が目撃されるなど、見た目の「女王様ぶり」がたびたび伝えられる浜崎。さらに内山が語るように、当初の厳しいふるまいの一方、妻子や恋人がいるにもかかわらず、のめり込んでしまう魔性も見せる。同棲中の「夜の営み」に関してもかなりの激しさだったのではないか。その点を聞いてみると、少し間を置き、こう口を開いた。

内山 相手のことはノーコメントですが、オレはちょっと変わったところがあるのかもしれません(笑)。

 ただ、オレとあゆは、欠けてる部分が一緒だったと思う。欠けてる部分の埋め合わせ方は違ったけど、空白の部分を満たしたい気持ちは同じだったと。もっとも、そう思わされただけかもしれない。うまいんですよ。本当に男を手玉に取る天才だと思っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論