芸能

古賀茂明氏とは全然違う!?あやや、小池栄子…芸能界のトホホすぎる「降板事件」

20150407koban

「報道ステーション」(テレビ朝日系)を降板させられた、コメンテーター・古賀茂明氏が“最後っ屁”でかました「暴露テロ」が話題を呼んでいる。

 一方、芸能界に目を向ければ、これまで「降板事件」はクサるほどあるが、その中でもトホホなケースを一挙“暴露”しよう。

 CMクイーンと言われていた2004年当時、虫歯予防ガムのCMに出演していた長谷川京子に対し、週刊新潮が「虫歯だらけでこのCMやるの?」と口元のクローズアップ写真を掲載。

「実際に銀歯や虫歯が確認できるものであっただけに、消費者からの抗議がメーカーに殺到し、降板するハメになりました。さらに、この一件を境にCMの降板が相次ぎ、10本以上あったものが4本に激減しました」(芸能記者)

 続いて、2年間務めていたバイクのCMキャラクターを2006年に打ち切られてしまったのは松浦亜弥。その理由は、「免許試験に落ち続けたから」というもの。

「CM撮影は私有地で行われたので問題なかったが、イメージキャラクターが無免許ではと、メーカーは辛抱強く合格を待ったが、ついに叶わなかった。契約金は4000万円以上と言われたが、原付免許の試験に17回も落ちるとは、あややはよほど運転に向いてなかったのでしょう」(広告代理店関係者)

 もしかしたら、ピュアすぎてひっかけ問題に釣られてしまったのかも?

 プロレスラー・坂田亘とのおしどり夫婦で知られる小池栄子は、テレビ朝日の上層部を激怒させてしまった。

「2005年、テレビ朝日はグラビアメインで活動していた小池を『爆笑問題の検索ちゃん』に抜擢。そこでの芸人捌きが評価されて、多くのバラエティにも出演するようになった小池について、テレ朝には“ウチが育てた”という自負があった。ところが、2007年の結婚の際、入籍の密着ドキュメンタリーをフジテレビに打診、高視聴率を収めたことで恨みを買ってしまった」(テレビ誌ライター)

 越えてはならない一線に踏み込んでしまったら、しかるべき制裁を受けるのがオトナのルールなのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…