芸能

古賀茂明氏とは全然違う!?あやや、小池栄子…芸能界のトホホすぎる「降板事件」

20150407koban

「報道ステーション」(テレビ朝日系)を降板させられた、コメンテーター・古賀茂明氏が“最後っ屁”でかました「暴露テロ」が話題を呼んでいる。

 一方、芸能界に目を向ければ、これまで「降板事件」はクサるほどあるが、その中でもトホホなケースを一挙“暴露”しよう。

 CMクイーンと言われていた2004年当時、虫歯予防ガムのCMに出演していた長谷川京子に対し、週刊新潮が「虫歯だらけでこのCMやるの?」と口元のクローズアップ写真を掲載。

「実際に銀歯や虫歯が確認できるものであっただけに、消費者からの抗議がメーカーに殺到し、降板するハメになりました。さらに、この一件を境にCMの降板が相次ぎ、10本以上あったものが4本に激減しました」(芸能記者)

 続いて、2年間務めていたバイクのCMキャラクターを2006年に打ち切られてしまったのは松浦亜弥。その理由は、「免許試験に落ち続けたから」というもの。

「CM撮影は私有地で行われたので問題なかったが、イメージキャラクターが無免許ではと、メーカーは辛抱強く合格を待ったが、ついに叶わなかった。契約金は4000万円以上と言われたが、原付免許の試験に17回も落ちるとは、あややはよほど運転に向いてなかったのでしょう」(広告代理店関係者)

 もしかしたら、ピュアすぎてひっかけ問題に釣られてしまったのかも?

 プロレスラー・坂田亘とのおしどり夫婦で知られる小池栄子は、テレビ朝日の上層部を激怒させてしまった。

「2005年、テレビ朝日はグラビアメインで活動していた小池を『爆笑問題の検索ちゃん』に抜擢。そこでの芸人捌きが評価されて、多くのバラエティにも出演するようになった小池について、テレ朝には“ウチが育てた”という自負があった。ところが、2007年の結婚の際、入籍の密着ドキュメンタリーをフジテレビに打診、高視聴率を収めたことで恨みを買ってしまった」(テレビ誌ライター)

 越えてはならない一線に踏み込んでしまったら、しかるべき制裁を受けるのがオトナのルールなのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
4
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声
5
オードリー、生番組での「IKEAの椅子」破壊シーンは3億円の広告価値!?