政治

「民衆が火の中に連れ込まれる」日本に「脅し発言」の中国が開いた「大使館オワコン座談会」

 台湾の新総統に就任した頼清徳氏が、前政権を継承する「現状維持=中国を警戒」の姿勢を打ち出した。「台湾を併合しようという中国のたくらみは消えない、ということを理解すべきだ」として、防衛力の強化に取り組む意向である。

 そんな新総統の台湾での就任式に、日本の国会議員およそ30人が出席したことに、中国の呉江浩駐日大使が反応。

「日本という国が中国分裂を企てる戦車に縛られてしまえば、日本の民衆が火の中に連れ込まれることになる」

 つまり、日本が「台湾独立」や「中国分裂」に加担すればとんでもないことになると、脅しともとれる発言を展開したのだ。呉大使は日本政府から抗議を受けることなった。

 この脅し発言は、5月20日に都内の在日中国大使館で開かれた、台湾問題と日中関係について意見交換する座談会で飛び出したものだ。ところが中国メディアが公表した出席者の写真を見ると、日本政府関係者の言う「オワコンばかり」であることが明らかになった。

 呉大使の両隣には鳩山由紀夫元総理と社民党の福島瑞穂党首が座った。向かい側には、元外務省国際情報局長の孫崎享氏、元経産官僚でかつて「報道ステーション」に出演した際に突然「I am not ABE」と書かれたフリップを掲げた古賀茂明氏。さらには安倍晋三元総理について「同じ価値観を持っている」などとラジオ番組で発言した松任谷由実に対し、「荒井由美のまま夭逝すべきだったね」とフェイスブックに書き込んで謝罪に追い込まれた京都精華大学の白井聡准教授らが並ぶ。

 古賀氏は最近、自身のXに、日本のメディアについて〈新聞とTVの政治報道には要注意。私が付き合ってきた海外の記者に比べて日本の政治部記者の質は異常に低い〉などと威勢よく書いているが、呉大使発言には沈黙したままだ。

 白井氏も安倍元総理の語録かるたを揶揄して〈私も一つ。『あ』安倍さんからじゃけえ(河井克行)〉と書き込んだが、古賀氏同様に、呉大使発言には言及していない。

 彼らは呉大使発言に面と向かって抗議し、その事実を公表すべきではなかったか。安倍批判では元気になる面々だが、相手が中国大使となると、おとなしくなってしまった。

 官邸関係者は、

「こんな人たちしか呼べない中国大使館は、恥ずかしくないのか」

 と、中国の影響力工作を疑問視するのだった。

(喜多長夫/ジャーナリスト)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し