芸能

声帯摘出したつんく♂の壮絶リハビリ現場に“あの番組”が密着取材!?

20150410tsunku

 シャ乱Qのボーカルでモーニング娘。などのプロデューサーを務めるつんく♂(46)が4日、母校の近畿大学の入学式で、喉頭がんの治療のために声帯摘出手術を受けたことを明かした。

 喉頭がんは昨年2月に見つかり、約半年間の放射線治療と分子標的薬治療に専念し、同年9月25日には完全寛解を報告していた。しかし、その後も「声帯の腫れと痛み、息苦しさ、声のかすれ」は取れず再検査となったのだ。事務所関係者はこう話す。

「モー娘’14のニューヨーク公演に帯同した際に再発を知らされ、緊急帰国して再手術をしていたが、声帯摘出は一部にしか知らされていませんでした」

 今回の衝撃告白に、教え子であるモーニング娘。OGたちはブログで複雑な心情を吐露している。

「ショックな気持ちが隠せないのが今の正直な思いです。私にとってつんく♂さんには元気でいてくださることが第一ですが、今回の事はショック」と綴ったのは初代モー娘。リーダーの中澤裕子。

 また、昨年10月に芸能活動を再開した矢口真里は「これからもずっと尊敬しています。ずっとついていきます」と記している。

 つんく♂は今後も音楽プロデュース業を続けると表明しており、さらには、「なんとしても、もう一度歌いたい」と明言している。

「声を取り戻すために食道発声法の習得を決意。すでにリハビリに取り組んでいます」(前出・事務所関係者)

 食道発声法で発声できるようになるには、早くても1年はかかる見込み。だが、本人は自身のブログで「新しいつんく♂として頑張っていく」と意欲を示している。

「すでに、テレビ局が復活に向けたリハビリの様子を追いかけようと画策。『金スマ』(TBS系)が密着取材し始めたという話もあります。放送されれば話題になるでしょうが、あまりにも動きが早すぎますよ」(テレビ関係者)

 つんく♂が失った声を取り戻す日が待たれる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】