社会

トラブルなしで1日10人と…2500円で女を買っていた元校長はフィリピン通!?

20150410philippine

 フィリピンで少女を含む1万2000人以上と性的な関係をもったとして、横浜市の元中学校校長が逮捕された事件。この元校長にはどんな刑罰が待っているのだろうか。

 今回の一件を日本の法律で裁いた場合、法定刑は5年以下の懲役または500万円以下の罰金だ。これに対してフィリピンの法律では、18歳未満が相手だと最高で無期懲役、16歳未満であれば終身刑すらありえる。もしフィリピン国内で逮捕されていたら、現地の刑務所で一生を暮らすハメになっていたかもしれない。

 ただフィリピンでは法的な裁きよりも、さまざまなトラブルに巻き込まれたり、ボッタくりに遭うほうが怖いと語るのは、現地事情に詳しい旅行ライター。トラブルの例を教えてくれた。

「フィリピンには“KTV”と呼ばれるカラオケ付きの飲食店があり、ここで女の子を見定めて連れ出すという流れです。しかし、女の子とタクシーでホテルに行き、降りたところに警察官が待ち受けていたというのはよくある話。運転手と警察官がグルなんですね。こうなったらワイロを渡して見逃してもらうしかありません」

 ほかにも睡眠強盗や詐欺の被害に遭う日本人は後を絶たない。だが元校長の場合、フィリピンの現地学校に3年間赴任していた経歴がある。当然、現地の事情には詳しいはずだし、それなりの人脈を築いていた可能性もありそうだ。

「今では日本人が経営するKTVもありますが、そういうお店は日本人客だらけなので目立ちすぎます。元校長はおそらく現地の業者と懇意になり、上客として歓迎してもらっていたのでしょう。そうじゃないと、1日10人もの女の子をトラブルなしで相手にするのは難しいですよ」(前出・トラベルライター)

 この元校長は1人につき2500円ほどを払っていたそうだが、これは現地の相場でも妥当な金額だとか。ちなみにマニラの最低賃金は日給466ペソで、約1260円。つまり少女たちのお値段は日給2日分だったのである。日本なら高校生が1時間半のアルバイトで稼げてしまう金額だが…。

 しかも世界的なLCCブームの昨今、フィリピン行きで片道1000円なんて激安航空券もあるほど。今日も日本人のオヤジたちが少女を買うためにフィリピンに飛んでいるかもしれない。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談