芸能

芸能界エリートヤンキー伝説(4)岩佐真悠子、沢尻エリカ、中島美嘉も…

20150410sawajiri

 自ら「昔からヤンチャだった」と発言している岩佐真悠子だが、小学生の頃から兄とノールールのボクシング、いわゆる“ケンカファイト”に明け暮れていたという。

「一度、テレビ番組でローキックを披露したことがあったんですが、腰の入った見事な蹴りでした。中学時代は生活態度も悪く、教室の中にダンボールで囲いを作り、先生をシャットアウト。注意をいっさい受け付けなかったそうです」(アイドル誌ライター)

 同じく、中学時代にヤンキーだったのは沢尻エリカ。当時の彼女を語るうえで欠かせないのが、一学年上にいた俳優・松田翔太の存在だ。

「学校内で花火を上げたり、便器を壊したりとやりたい放題。気に入らないヤツは仲間と一緒にバイクで囲むので、みんなから恐れられる存在だったようです。沢尻は松田の彼女と言われており、彼女とモメると“翔太軍団”が出てくるので、誰も文句を言えなかったとか」(芸能ライター)

 カリスマ的な人気を誇る歌手の中島美嘉は、高校には進学せず、16歳からバイト生活を送っていた。

「当時働いていたマクドナルドの店員によると、とにかく愛想がなく『スマイルゼロ』だったそうです。付き合っていたのが暴走族のリーダーで、当然、彼女も行動を共にしていた。そのリーダーは、中島がデビューした際に、交際していた時の話をしないよう事務所にきつ~くクギを刺されたんだとか」(前出・芸能ライター)

 皆、マブい顔してブイブイ言わせていたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」