芸能

芸能界エリートヤンキー伝説(4)岩佐真悠子、沢尻エリカ、中島美嘉も…

20150410sawajiri

 自ら「昔からヤンチャだった」と発言している岩佐真悠子だが、小学生の頃から兄とノールールのボクシング、いわゆる“ケンカファイト”に明け暮れていたという。

「一度、テレビ番組でローキックを披露したことがあったんですが、腰の入った見事な蹴りでした。中学時代は生活態度も悪く、教室の中にダンボールで囲いを作り、先生をシャットアウト。注意をいっさい受け付けなかったそうです」(アイドル誌ライター)

 同じく、中学時代にヤンキーだったのは沢尻エリカ。当時の彼女を語るうえで欠かせないのが、一学年上にいた俳優・松田翔太の存在だ。

「学校内で花火を上げたり、便器を壊したりとやりたい放題。気に入らないヤツは仲間と一緒にバイクで囲むので、みんなから恐れられる存在だったようです。沢尻は松田の彼女と言われており、彼女とモメると“翔太軍団”が出てくるので、誰も文句を言えなかったとか」(芸能ライター)

 カリスマ的な人気を誇る歌手の中島美嘉は、高校には進学せず、16歳からバイト生活を送っていた。

「当時働いていたマクドナルドの店員によると、とにかく愛想がなく『スマイルゼロ』だったそうです。付き合っていたのが暴走族のリーダーで、当然、彼女も行動を共にしていた。そのリーダーは、中島がデビューした際に、交際していた時の話をしないよう事務所にきつ~くクギを刺されたんだとか」(前出・芸能ライター)

 皆、マブい顔してブイブイ言わせていたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?