芸能

「放送コードに挑んだ」TVドラマ(2)常盤貴子&斉藤由貴に大コーフン

20150503hosocode_b

「幻のお宝」と言われているのが、常盤貴子の出世作として知られる「悪魔のKISS」(93年、フジテレビ系)。

 多額のカードローンのため、ピンク店で働くことになった常盤。自分を指名した寺脇康文とプレイルームに入ると、ガーターベルト、上下赤の肌着を脱ぎ捨て、ぎこちなさそうにサービスを始める。

「あんたバイト? まさか俺が初めての客じゃないよね」

 寺脇からこう問われると、常盤は消え入りそうな声で、

「そうです」

 顔色が変わった寺脇が、常盤の胸のタオルをバサッと取り払った瞬間、釣り鐘型のバストがブルルーンとはじける。

「寺脇に、Dカップのバストが変形するほどこね回される常盤の“屈辱顔”は、めちゃくちゃ興奮しましたね」(テレビ関係者)

 このシーンは再放送ではカットされ、今でもDVD化はされていない。

 斉藤由貴がヒロインを演じた「同窓会」(93年、日本テレビ系)は冒頭から、性病に感染して女子トイレの鏡に向かって片足を上げ、股をかきむしるショッキングなシーンに続き、さらに第4話では──、

「工事現場で行きずりの少年(山口達也)と対面で立ったまま合体。表情は淡々としていたが、山口に抱え上げられた片足がゆらゆらと揺れる。しかも男に『若い男でいい思いしたんだから金をよこしなよ』とまで言われてしまう。トップアイドルに向かってのひどい扱いは、妙にコーフンしました」(テレビ誌記者)

 このドラマが貴重なのは、斉藤が肌の露出に厳しい戒律のあるモルモン教徒であること。2度と同様のカラミは生まれないだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
4
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
5
大江麻理子、プリンプリン桃型ヒップと腰つきがヤバイ!“フェロモン爆発度”