芸能

大久保佳代子、芸人人生の下地を作った「山田邦子と同じサークル」

20150519okubo

 5月9日に放送されたフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」で、同局が今夏放送する「FNS27時間テレビ」でのマラソン挑戦を発表したのは、オアシズの大久保佳代子である。

 14年の番組出演本数ランキング女性部門で、自身初となる首位を獲得するなど、勢いの止まらない彼女だが、10年まで一般企業のコールセンターに勤務し、タレントとOLの二足のわらじを履いていたことは広く知られた話だ。

 その彼女が相方の光浦靖子とコンビを組み、初めてお笑いの舞台に立ったのは、大学のサークルだった。

 92年、千葉大学に入学した大久保は、高校の同級生で東京外国語大学に通う光浦と早稲田大学のお笑いサークル「寄席演芸研究会」に入部し、オアシズを結成する。当時、同研究会に所属していた男性が証言する。

「大久保さんは20年前からノリが変わっていませんね。当時の寄席演芸研究会は春と秋に定期ライブがあり、ネタの稽古を『第二学生会館』という大学の施設で行っていたのですが、稽古の間も、ずっと近年のバラエティ番組で話すような『ブストーク』を繰り広げていました」

 彼女の芸人人生の下地となった演芸サークル。以前は山田邦子も所属していたという。この男性が続けて説明する。

「邦子さんはサークルの大先輩。大久保さんが所属していた時代に、早稲田にある一軒家の二階を部室として借りたのですが、その時にお金を出してくれたのが邦子さんでした」

 古今の「女芸人」人脈が繋がる同研究会。「オアシズ以降は90年代末の隆盛を最後に人が減り、長らく弱小サークルです」と前出のOB男性。果たして再び盛り上がり、2人を継ぐ女芸人は生まれるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから