スポーツ

元ソフトバンク・斉藤和巳が原因で“スザンヌ母と上田桃子の父”が絶縁状態?

20150528s

 元ソフトバンク投手の斉藤和巳氏(37)とスザンヌ(28)の離婚からはや2カ月──。当初は、原因として斉藤氏の“不倫疑惑”がささやかれたが、すっかり騒動は鎮静化した‥‥かに見えた。ところが、火の国・熊本で、離婚を機に肉親を巻き込んだ“抗争劇”が勃発していたのだ。

「そういうことは、なかったと信じたい」

 3月18日、スザンヌは離婚会見で一筋の涙を流して、斉藤氏の疑惑報道について語った。

 この涙で世間の認識は一変した。それまで疑惑だった斉藤氏と女子プロゴルファー・上田桃子(28)の許されざる関係が、一気に“クロ”の印象を強めたのだ。

 ゴルフ担当記者が言う。

「斉藤氏が現役だった頃から、上田とはつきあいがあった。とはいえ、オフに合同自主トレをしたり、斉藤氏が上田の試合を観戦したり、オープンなアスリート同士のつきあいでした。そのため、1月に男女関係の疑惑が報じられても、どこか半信半疑だった。でも、あのスザンヌの会見で、誰しもやっぱりと思ったはずです」

 この会見直後から上田の母、さらには斉藤氏の父が週刊誌の直撃取材に答え、疑惑を完全否定。火消しに躍起になっていた。ついには、上田自身もブログで、

〈今後、あのような誤解をされる事のないよう、また、軽率な行動に見えぬよう、気をつけて行きたいと思っております〉

 と謝罪するに至り、報道も鎮静化。2カ月が経過して、事態は収束したかのように思えた。

 ところが、スザンヌと上田の出身地である熊本県では、いまだ肉親による“遺恨バトル”が継続中だという。しかも、スザンヌ家と上田家は近しい関係にあったため、因縁浅からぬ様相を呈しているというのだ。

「熊本市街地にあるスザンヌの母が営む飲食店から徒歩圏内の場所に、上田の父が経営する衣料用品店があったことから、芸能界とゴルフ界と畑は違うが、同学年の娘の近況について報告し合う間柄になり、上田の父はスザンヌの母の店によく顔を出しては、楽しく飲んでいたんです」(スザンヌの母の知人)

 しかし、疑惑が報じられると、その関係は険悪なものに変わった。

「さすがに、バツが悪いのか、上田の父は店に姿を見せなくなりました。一方で、店では『上田』の2文字は禁句になっています。というのも、酔った常連客が『久しぶりに上田の父に‥‥』と言ったとたん、スザンヌの母は表情を曇らせ、店内に不穏な空気が漂ったためです」(スザンヌの母の知人)

 まさに、両家は絶縁状態となり、一触即発の危機に陥っている。

 現在、スザンヌは熊本を拠点に、仕事で東京との往復の日々だ。

「4月にヨガインストラクターの資格を取得。福岡でヨガスクールを開校するプランもある」(芸能記者)

 娘のシングルマザーとしての奮闘を間近で見ながら、留守中にはかわいい孫を預かっているのだから、スザンヌの母が態度を硬化させるのも無理からぬことかもしれない。

 一方で、バトルの火種を作った張本人、斉藤氏はどこ吹く風といった様子なのだ。

「現在、福岡のテレビ局の野球解説者を務めています。さすがに福岡では飲み歩いていませんが、ソフトバンクの遠征先である札幌のすすきの、仙台の国分町などの繁華街でタニマチと一緒に飲み歩いている姿を目撃されていますね」(スポーツ紙記者)

 そして、斉藤氏は周囲にこう漏らしているという。

「俺にも言い分はある。ただ、芸能界は怖いよね。芸能人はもうコリゴリ」

 自分だけが悪者にされることに不服なようだが、スザンヌ家と上田家が真の和解に至るには、斉藤氏の仲介が必要なのでは!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!