芸能

ハリセンボン春菜、南キャン静ちゃん…女芸人が“女優”として重宝される理由

20150609haruna-2

 NHKの朝ドラ「花子とアン」に続き、「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)に出演したハリセンボン・近藤春菜の演技が高い評価を受けている。主演の堺雅人も「近藤さんのおかげで(ドラマ)全体のレベルが上がった気がする」とまで絶賛したというのだ。

「『Dr.倫太郎』に近藤がゲスト出演したのは連ドラ初回です。この“連ドラ初回”は非常に重要で、その先に続く全体の行方を考えて、綿密な打ち合わせを何度もくり返してキャストを決定するのです。近藤はそこで抜擢されたのですから、女優として認められている証拠。しかもこのドラマの脚本家は『花子とアン』と同じ、人気脚本家の中園ミホ。『花子とアン』ではコミカルな役でしたが、『Dr.倫太郎』ではうつ病を患うシリアスな役どころでした。近藤の演技力を見抜いていたのでしょう」(テレビドラマ制作スタッフ)

 女優として評価されている女芸人は他にもいる。南海キャンディーズ・山崎静代は映画「フラガール」で第30回日本アカデミー賞の新人俳優賞を、森三中・大島美幸は「福福荘の福ちゃん」で、モントリオールで開催された第18回ファンタジア国際映画祭の最優秀主演女優賞をそれぞれ受賞している。

「女芸人は専任女優に比べてギャラが安いうえに、自分を捨てて役に飛びこむ能力が高い。近藤が映画で主役を演じるのも時間の問題でしょう」(映画製作スタッフ)

 この流れが続くようなら、専任女優もうかうかしていられないことだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!