エンタメ

有名人15人「臨終の瞬間」壮絶舞台ウラ(6)田中好子「夫の二重生活疑惑」報道

 立つ鳥、跡を濁さず――。 誰しも、臨終の間際にはそうありたい。ところが、有名人たちは財を成し、交友関係も派手なせいか、周囲が放っておかない。そんな「死後トラブル」を総まくりでお届けする。

 00年10月に死去したミヤコ蝶々(享年80)。その2年後、大阪府箕面市に遺した邸宅など約4億円の遺産を巡り、異父弟妹3人と義弟の間で相続トラブルが報じられた。発端は、義弟が「自分は蝶々の実子」と主張したことに始まった。
 あの「骨肉の争い」から10年。いったいどんな結末を見たのか。
 問題の邸宅は、現在は「ミヤコ蝶々記念館」となっている。HPを見ると、その館長には、義弟の日向利一氏(67)の名前があった。
 その日向氏を直撃した。
「大阪家裁で7年間にわたる調停が行われた結果、和解が成立しましてね。08年に、この記念館を開けたんですわ」
 どこか、スッキリした口調で話す日向氏だが、和解に至るまでには、長い道のりがあった。
「最初のDNA鑑定は、血族関係のない人間の血で鑑定をされたので、まともな結果が出るわけがない。あらためて、日向本家の3名の血と私の血をアメリカで鑑定してもらった結果、『日向の人間ですよ。母親は日向鈴子(ミヤコ蝶々)に違いない』と出たんですわ。さらに、最高裁で養子でも5年親子関係が続いたら親子であるという判例もあるんですわ」(日向氏)
 全部で185坪あった土地の3分の1に当たる65坪を異父弟妹に渡すことで07年に和解が成立。ところが、異父弟妹たちの消息を尋ねると‥‥。
「3人とも不慮の事故で亡くなったんですわ。3年前に、分けた65坪の土地も5000万円で買い戻しましたわ。そんな大金をどうしたのかって? 天から降ってきたとでも言うておきますわ。何で、こないなるんやろと、自分でも驚いてますわ」(日向氏)
 どこか苦い後味を感じるのは本誌だけだろうか。 
 11年4月21日、元キャンディーズのスーちゃん、田中好子(享年55)が乳ガンで亡くなった。
 その3カ月後に、葬儀で涙ながらにスーちゃんの遺言を発表した夫に「不倫隠し子疑惑」が持ち上がったのだ。 10年7月に、夫が40代の女性とハワイ旅行に出かける姿が報じられ、そこには小学生の子供がいたという内容であった。
 スーちゃんのガンが見つかったのは92年だ。夫は長い闘病生活を支えていたのではなく、「二重生活」を送っていたと話題になった。芸能記者が言う。
「ところが、追随するメディアも少なく、ほとんど続報が打たれることはありませんでした。まあ、永遠のアイドルの魅力の前に疑惑は、かき消されたということでしょう」
 一方で、メディアが騒いだだけで終わってしまったトラブルもあった。
 08年5月に練炭自殺した川田亜子アナ(享年29)。若すぎる死、〈私は悪魔になった〉
という最後の言葉、その死には不可解なことが多かった。報道は過熱し、2人の男性がクローズアップされていく。川田アナがフリー転向後に所属した事務所の幹部A氏と、「最後の恋人」と称するアメリカ人の平和活動家、B氏である。
 そして、08年9月に、B氏がA氏を名誉毀損、脅迫、業務妨害で東京地裁に訴えを起こしたのだ。その後、A氏が逆にB氏を損害賠償請求で反訴するなど泥沼の展開になっていた。
「昨年、一審の判決が下され、結果はB氏に1100万円の支払いを命じる敗訴でした。B氏は川田アナの『死の真相を明らかにする』と当初は主張していたのですが、裁判はA氏がB氏に貸した1000万円の金銭賃借問題に終始して、真相に迫ることはありませんでした」(前出・芸能記者)
 臨終の瞬間はいつ迎えるかわからない。有名人でなくとも、身辺はキレイにしておくのがいいのである。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト