芸能

「ヤメゴク」惨敗に続いて…不運な女優、大島優子に再びのしかかる「逆境」

20150717oshima

 元AKB48で女優の大島優子が15日、小田急電鉄喜多見電車基地で行われた映画「ロマンス」(8月29日公開)のPRイベントに出席。ロマンスカーのアテンダント姿を披露した。

 本作は、新宿と箱根を往復する特急ロマンスカーでアテンダントとして働く鉢子(大島)を主人公に、たった1日の出会いと別れを描いた小さな旅物語。大島にとっては、AKB48卒業後初の主演映画となる。

「箱根を舞台に小田急グループの全面協力のもと、実際のロマンスカー車内や駅構内を使って撮影されたことも話題となりました。しかし、現在の箱根は大涌谷が閉鎖され、噴火警戒レベルも引き上げられたことで観光客が激減。街は閑散としています。また、箱根湯本駅に向かうロマンスカーも、小田原を過ぎると一気に乗客がいなくなるという状況です。なんとかこの逆境を“大島効果”で盛り返せればいいのですが‥‥」(映画ライター)

 昨今の大島たるや、なにかと逆境が続いている。前クールでは初主演ドラマ「ヤメゴク」(TBS系)が、視聴率王・木村拓也の主演ドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系)の裏番組として放送され大惨敗。苦渋を味わったばかりだ。

「『ヤメゴク』も放送前から逆境と言われていましたが、予想通り太刀打ちできなかった。内容自体は堤幸彦監督のファンにも受け入れられ、好評だっただけに残念です。そこに来て今回の箱根を舞台にした映画ですから、そのタイミングの悪さには“不運”と言われても致し方ないものがある。本人はそう思っていない“たくましさ”があるのが救いです」(前出・映画ライター)

 この日、大島は「本日は小田急ロマンスカーをご利用くださいまして、ありがとうございます」と、板についた車内アナウンスも披露。18日からは、大島による車内アナウンスが実際の車内で放送されるという。

 風評被害に悩む箱根の街が、大島の美声で活気を取り戻すことを願いたい。

(米沢のしろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す