芸能

いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由

20150801fujimoto

 7月25日、26日に「FNS27時間テレビ2015 めちゃ×2ピンチってるッ!~本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!~」(フジテレビ系)にて、お笑い芸人たちで結成されたダンスユニット「吉本天然素材」が一夜限りの復活を果たした。

「27時間テレビの放送前から、お笑いファンの間では吉本天然素材のメンバーである、雨上がり決死隊、ナインティナイン、FUJIWARA、バッファロー吾郎、元チュパチャップス(星田英利、宮川大輔)、へびいちごが集結するのではないかと、話題を集めていました。しかし本番で姿を現したのは一部のメンバーのみで、全員集合とはなりませんでした」(お笑いライター)

 この日、姿を見せなかった宮川は裏番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)のレギュラーを務めているため、出演不可能。しかしバッファロー吾郎・木村明浩の不在は、FUJIWARA藤本敏史との過去の確執が原因だという。

「木村といえば、頭を叩かれた際に叫ぶ『おぉ、ポカホンタス!』と言うギャグがありますが、過去に藤本がそれを引き出すため、本番中にツッコミを入れたことがありました。しかし木村は、『お前、タイミングがおかしいねん!』と藤本の間が気に入らず激怒。もともと、藤本のことが気に入らなかったのか、その日以降、徹底して藤本のことを無視するようになったそうです。あれから何年も経ち、現在は和解したとの噂もありましたが、今回も共演を避けたことで、2人の問題は解決していないとの見方が強まっています」(芸能誌記者)

 若い頃は仲が良かったという藤本と木村。今後、2人の共演する日は訪れるのだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか