芸能

さんまがフジと大モメ!?「27時間テレビ」裏で起こった一触即発の緊迫事態

20150730sanma

 7月25日、26日に「FNS27時間テレビ2015 めちゃ×2ピンチってるッ!~本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!~」(フジテレビ系)が放送された。同番組の中で「明石家さんまのダイヤモンドエイジ本気の体力測定」という企画が放送されたが、裏ではさんまとフジテレビの間で、内容に関する食い違いがあり大モメしていたという。

「もともとの企画は、さんまと同世代の桑田佳祐、郷ひろみ、松山千春ら豪華芸能人が集結し、体力測定を行うというものでした。それだけの大物が集まるならと、さんまは翌日に舞台が控えている身ながら、当初はやる気を見せていたのです。しかしフタを開けてみれば、フジが集めることができたのは村上ショージ、ドン小西、具志堅用高などの格下芸能人ばかり。その結果、さんまのメイン企画であるにも関わらず、本人は参加を拒否。スタジオの脇でコメントするだけの立ち位置となりました」(業界関係者)

 この企画が放送されるとネット上では、「B級還暦芸能人たちが体力測定をやって何が楽しいんだよ!」と企画への批判が殺到。また、その後のスポーツ番組「すぽると!」でも、体力測定と中継を何度も繋ぐが、終始グダグダな展開となったため、さんまの表情は今まで見せたことがないほど憔悴しきっていたという。

「その後『さんま・中居の今夜も眠れない』に登場した中居は、開口一番『さんまさんが前室でしゃべってないの初めて見た』と発言していましたが、それほどさんまはフジの構成に怒り心頭だったのでしょう。当初予定したメンバーを集められないのならば、無理に企画を通さず、さんまの人気番組である『ホンマでっかTV』や『お笑い向上委員会』のSP版を放送するべきでした。そうすれば、さんまをここまで怒らせることもなかったはずです」(前出・業界関係者)

 今年は歴代で3番目に低い視聴率を記録したという「27時間テレビ」。来年は視聴者どころか、出演者まで逃げ出す事態にならなければいいのだが。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは