芸能

有名人衝撃死の真相「田宮二郎」“死に至った理由を2人の男が分析”

20150806u

 78年12月28日、トップスターだった田宮二郎(享年43)は、生涯の代表作の撮影直後に、猟銃で命を絶つ。昭和の芸能史に残る衝撃ニュースを、公私のそれぞれで最も近くにいた2人の男が分析する。

「僕の友人の精神科医がドラマを見ていて、彼の異変に気がついた。僕に『ちゃんと薬を飲むように言ったほうがいいよ』と伝えてきたんだ」

 語るのは名優・山本學である。日本のドラマ史の金字塔と呼ばれる「白い巨塔」(78~79年、フジテレビ系)で、主人公・財前五郎のライバル医師である里見脩二を演じた。

 この撮影当時、すでに財前役の田宮は躁うつ病だった。また「M資金」など、怪しげな投資にのめり込んでいたことも発覚する。

 田宮とはこれが初共演だったが、驚かされることが多かったと山本は言う。

「僕も田宮さんも病院の見学には行っていたんですよ。ある日、田宮さんが『ガクさんは盲腸って残っている?』と聞く。僕があると答えると、『盲腸の手術ならできるから、僕が切るよ』と真顔で言うんだ」

 同ドラマは、医師としての野望に燃える財前と、良心を貫く里見との対比を軸に描いた。やがて山本の名演が光った里見役に、視聴者の評価も高まってゆく。田宮は原作者の山崎豊子氏に電話をかけては、不満をぶつけた。

「俺がこんなに懸命なのに、どうして里見のほうが評判がいいんだ!」

 そう山崎から聞かされた山本だが、そんなことはない、と思ったそうだ。

「財前と里見は、ひとつの人間を善と悪のふたつに割った存在。だから善を演じた僕の人気は上がるけど、田宮さんこそ役者冥利に尽きるような熱演だった」

 医師でありながらガンに侵され、親友の里見に「キミが正しかった」と詫びながら手を握る。山本は、あまりの力の強さに腕がしびれる思いがした。田宮は遺体となって運ばれてゆく場面も、代役を立てずにみずからシーツの下に入った。

 田宮の没後に「追悼」とテロップを入れてオンエアされた最終回は、31.4%もの高視聴率を記録した。

 田宮の長男・柴田光太郎は、まだ中学1年生だった。父の晩年は、弟が中学受験を控えていたため母親と2人で青山に別居し、麻布の自宅には光太郎が田宮と一緒に住んでいた。

 その弟・田宮五郎は昨年、47歳の若さで急死した。柴田はその若すぎる死を前に、父はそれよりさらに若くして亡くなったのかと感慨を新たにした。そして父と過ごした最後の日々を思い出す。

「父の精神的な病気のこともあったし、僕が長男として見なきゃいけないという使命を感じていました」

 撮影で遅くなる田宮のために、光太郎は夜10時半になると、父の部屋にある風呂を沸かした。ただ、撮影はいつも長引き、光太郎は先に眠ってしまう。

 当時の風呂に追いだき機能はなく、すっかり冷めてしまっただろうが、それでも毎朝、「お風呂を入れてくれてありがとう」のメモが残されていた。

 田宮が命を絶った日、光太郎は新潟へスキー合宿に出かけていた。訃報を聞いて、「ようやく夫婦の仲も戻ろうとしていたのに、早すぎる」と落胆した。

 田宮は死に際し、妻や弁護士、先輩の奈良岡朋子らに宛てた8通の遺書を残している。達筆で、文面もしっかりした内容だった。ただし光太郎は、公表されたものとは別の「遺書」があったと明かす。

「日記のように、一冊の本になっていました。精神状態によっては、まるで殴り書きのように字が乱れていた。死の直前に書いたものもそうでした」

 田宮夫人の母(田宮の義母)はこの時期、麻布で一緒に住んでいたが、持病が再発して入院することになった。もちろんそれは、田宮に何ら責はない。しかし、

〈お母さんが本日入院しました。なお僕も死を選びます。何を語っても僕の生きる方法はないと思います。許して下さい〉

 これが、未公開の殴り書き遺書の文面である。

 光太郎は「ほんのささいなこと」が死に結び付いたことを悔やむ。

「それでも、父の死後に多くの作品がリメイクされた。僕の中ではずっと父親ですから、亡くなってからも例を見ないほど評価されているのは、ありがたいことだと思います」

 衝撃的な死に方ではあったが、父として息子に確かな絆を残している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!