芸能

没後もテレビオンエアが続く三浦春馬に田宮二郎・沖雅也との「共通点」!

 7月18日に自宅で首を吊って亡くなっていたことが確認された三浦春馬(享年30)は、売れっ子俳優だけあって、自死当日以降も収録済みのテレビ出演が続いた。まず、出演した映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」(フジテレビ系)は18日、冒頭に「三浦春馬さんが本日お亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りします」のテロップを流し、オンエアへ踏み切っている。

 21日深夜のNHKでは、レギュラーでMCを務める「世界はほしいモノにあふれている~旅するバイヤー極上リスト~」の再放送がオンエアされた。冒頭には同じようにテロップが添えられた。

「番組MCを務める三浦春馬さんがお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表します」

 ありし日の温和な笑顔があふれていたが、同じNHKでも沢尻エリカ騒動の時とはまるで違う。大河ドラマ「麒麟がくる」のヒロインという大役だったため、撮り直しのスケジュール調整で初回放送が2週遅れるという前代未聞の事態となった。その後のコロナ禍で大河ドラマは再び中断してしまったが、序盤の遅れがなければ中断も最小限に済んだと悔やまれる。

 さて、三浦はあくまで「自殺」であり、沢尻や17年小出恵介のように「不祥事」を起こしたわけではない。とはいえ、収録したものを放送していいのかどうか、かつては協議がギリギリまで繰り返されたケースがある。それが、78年12月28日に自宅で猟銃自死した田宮二郎(享年43)のケースだった。

 田宮は生涯の傑作と呼ばれた「白い巨塔」(フジ系)で、財前五郎役で主演する。ガンの権威でありながら、医療裁判の敗訴とともに、自身が手術不能のガンに冒され、壮絶に散る。

 田宮の自殺の段階では、ラストの2話が未放送であった。当然、放送を中止すべきとの声もあったが──、

「田宮さんの死を悼みますというテロップを入れることで、何とか放送続行に踏み切ったんです。全31話の物語もクライマックスに近づき、最終回を見せないのは視聴者にとっても失礼という“大義名分”がありました」

 こう語るのは、当時の制作にかかわったスタッフのひとりである。それまで10%台の前半で低迷していた視聴率が自殺から2日後には26.3%に、年明けの最終回は31.4%まで跳ね上がり「現実のドラマの2つの死」を同時に国民が見届けたことになる。

 そして「おやじ、涅槃で待ってる」の言葉を遺して京王プラザホテルから沖雅也(享年31)が飛び降りたのは、83年6月28日のこと。義父であった日景忠男氏との「ただならぬ関係」も話題となったが、沖もまた自死の翌日、6月29日にテレビ放送を控えていた。

 映画版に引き続いてドラマとしても制作された「決定版!蒲田行進曲」(TBS系)で主役の銀四郎に扮していたのだ。同ドラマは2週にわたってのスペシャル編成で、自死翌日は後編のオンエア。編成上、見送るわけにはいかず、追悼のテロップを入れての放送となり、大きな話題となる。

 これも「テレビの宿命」と言ってしまえばそれまでだが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!