スポーツ

木村沙織 W杯目前!注目は“スタイル”だけではない?記者が見た優しい素顔

20150813m

 来年のリオ五輪出場権をかけた重要な大会まで約2週間。活躍が期待されるのはエース・木村沙織(28)である。だが、そのFカップ砲はコート外で早くも臨戦態勢に入っていた!

 8月22日から開幕する「FIVBワールドカップバレー2015」。参加12カ国総当たりのリーグ戦で、上位2カ国に五輪出場権が与えられるため、一つの黒星が致命傷になってしまう過酷な戦いが続く。

 前回大会で全日本女子は4位と好成績を残しているだけに、今大会はさらなる結果が求められている。そんな中、対戦国からマークされているのは、キャプテンとしてチームを引っ張る木村だ。

「スーパー女子高生」として、17歳で全日本女子に初招集されると、12年ロンドン五輪では全試合フル出場して、銅メダル獲得の立て役者になった。その翌年には、トルコリーグの「ワクフバンク」に移籍して海外挑戦。チームの3冠に貢献して、昨年6月から東レ・アローズに復帰している。

 実力、実績だけではなく、バレー界NO1なのは、その美貌だ。185センチの8頭身体形、童顔フェイス、笑った時にのぞく八重歯、スラリと伸びた美脚、そして推定Fカップのバストと、アイドル要素を兼ね備えているのだ。スポーツ紙の記者はこう語る。

「トップ選手でありながら、取材中に偉ぶるようなことはなく、負けた試合でも丁寧に質問に答えてくれます。木村が出場する試合会場には、ふだんより観客席にカメラを構えるおじさんが多いですね」

 バレー専門誌「月刊バレーボール」の表紙を11年9月号から14カ月連続で飾るほど、その人気は不動のものである。

 しかし、コート上の雄姿とは裏腹にキャラは天然。「アドレナリン」と言おうとして、「ヘモグロビン」と間違って発言したり、スポーツ番組で、全日本のチームメイトだった狩野舞子に、風呂場での逸話をこう暴露された。

「1人でゲラゲラ『間違えた』と笑い転げてて、何かと思ってみたら、ブラに足を通していたんです」

 そんな木村の“魅力的な素顔”を、先日、たまたま記者の一人も至近距離で目撃していた。

 JR赤羽駅に向かうバスに乗っていた記者が、西口駅前のロータリーで降りようとしたところ、全日本バレーの合宿で使われる「味の素ナショナルトレーニングセンター」に向かうバスに木村が並んでいたのだ。記者が、その姿に目を奪われて、バスから降りるまさにその時──。

「有名なのに変装するどころか、下はジャージに、上は『JAPAN』の文字が入ったノースリーブの練習着。すぐにわかりました。さらに、バレーボールサイズのバストが強調されて、周囲の目はそこに‥‥。降車する時に、バランスを崩してよろけてしまったんです。気づくと目の高さに木村選手の“ボール”が突き出ていて、思わずブロックしそうになったのですが、すぐに『す、すみません』と謝ると、『大丈夫ですか?』と爽やかなほほえみで心配してくれました」

 気遣いも一流だった“さおりん”。W杯バレーでの活躍に大いに期待したい!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!