エンタメ

ギャンブルライター・浜田正則の「パチンコ必勝手記」“8月前半は軒並み「回収台」のおそれ 後半に「ルパン三世」を攻めよう!”

20150813x_2

◆よもやま話「パチンコ参加人口増加」◆

「レジャー白書2015」によると、14年のパチンコ人口は前年比180万人増の1150万人。ただし、市場規模そのものは前年を大きく下回り、5010億円減の24兆5040億円とのことです。ここらは昨今の、台の不人気やメーカー倒産を振り返れば、読者の皆さんもピーンとくるでしょう。

 今回の統計結果から見えるのは‥‥。

【1】客がちょっと増えた。

【2】店に活気が戻ってきた。

【3】メーカーが潰れまくりといったムーブメント。

 今現在、店・客・メーカーの関係は「店がいちばん強い」と言えるでしょう。

 今年に入ってからは、版権もの(映画、アイドル、ゲームなどを使用した台)が新台でも50%超の値下げから応じるなど、メーカーのすり寄り傾向は加速の一途です(人気台は除く)。

 本来、この経費削減の恩恵が客に還元されていいはずなのですが、昨年4月の消費税増税があったため、店の還元は「増税分のシメ」と相殺されてしまい、客には実感が湧かないものとなっているしだいです。

 本当なら恵みの雨だったかもしれないだけにガッカリですね。ただ、このムーブメントは今後も引き継がれると予想されますので、この先我々ファンには、ちょっとした追い風が吹くのではないでしょうか。

◆月の指南「8月の戦略」◆

 8月は邪悪な「お盆前」と、アケ返しが鉄板で期待できる「お盆後」という、まったく別の顔で構成されていると考えてください。8月前半は、新台はもちろん、7月に大挙導入されたCRルパン三世や大海物語ブラックなどの大物台も、漏れなく回収台と化しているおそれがあります。

 普通ならGWや正月など連休の前には「バラマキ」があるのがお約束ですが、このお盆だけは特殊で、バラマキは一切期待できません。これは「お盆休み+夏期休暇」は大型ゆえに、職場でも休みをズラして順番に取っていくのが当たり前という社会の慣習が理由。お盆まではまんべんなく集客できるので「じゃあずっとシメとこう」という店側のメンタリティでしょう。

 その分、お盆を過ぎれば、あらかた夏休みを取り終えるのは固定ですので、お盆後に還元が始まるというのも固定ということになります。

 というわけで、攻めるのは後半戦。機種はズバリ、その頃に増台が予想される「ルパン三世」です!

◆プロフィール 浜田正則(はまだ・まさのり) パチンコ生活歴29年。業界寄りの記述をする「パチンコライター」とは一線を画し、ファン目線で真実のみを文章につづる「ギャンブルライター」として18年目を迎える。漫画の原作者としても活躍しており、作品は多数。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
2
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
3
マギーがニット姿でも背中見え!?史上最強「チェリーを殺すセーター」爆誕
4
里田まい、田中将大とのツーショットに触れてヤケドした矢口真里との明と暗
5
共演者を泣かせたことも!タピオカ騒動「木下優樹菜のブチギレ癖」とは?