社会

中川郁子農水大臣政務次官 “路チュー”騒動だけではない未亡人議員の性

20150820c

 路上キス写真に続いてその相手との再デート疑惑まで報じられた自民党衆議院議員の中川郁子農水大臣政務官(56)。しかし未亡人議員の「性」に驚く声は少なく、聞こえてくるのは“やっぱりな”という声ばかりで‥‥。

 故・中川昭一氏の死後、残された妻として政界入りした中川氏。「清楚な未亡人」の化けの皮を剥いだのは今年3月12日号の「週刊新潮」だった。中川氏と妻子持ちの自民党・門(かど)博文代議士が六本木の交差点で舌を絡ませ合う衝撃写真が掲載されたのだ。

 地元の後援会関係者が当時を振り返る。

「路上キス写真が報道された直後、地元は上を下への大騒ぎ。十勝の書店やコンビニから『週刊新潮』が消えてしまったほどです」

 一時は政務官の辞任まで取りざたされた“不倫路チュー騒動”だったが、中川氏は「お酒で気が緩み‥‥」と言い訳を繰り返し、騒動は終息するかに見えた。しかし、7月16日号の同誌に、再び中川氏と門氏のデート現場が報道される。

「支援者からすれば、全てをお酒のせいにしたくせに、一夜の過ちを犯した男と再び酒席を共にするなんて言語道断。やはり想像どおりの関係なんでしょう」(前出・後援会関係者)

 しかし、中川氏の問題行動はそれだけではない。よほど「接吻」にこだわりがあるようで、取材のため自宅を訪れた同誌記者が、「(門氏とは)何の関係もない」と強弁する中川氏に「何の関係もなければキスはしない」と詰め寄ると、「チューしましょうか」と記者に言うと、覆いかぶさってきたというのだ。

 政治部記者が言う。

「かつて橋本聖子議員がフィギュアスケートの高橋大輔選手に無理やりキスを迫り、世間からセクハラの大バッシングを受けました。中川氏の行動もこれと同じで、相手が男性であれ完全なセクハラ行為ですよ」

 一方の中川氏が反省したかといえば、そうではない。地元の「十勝毎日新聞」で覆いかぶさった記者を、

「ストーカーまがい、セクハラまがい、暴漢まがい」

 と断罪。その後も月刊誌上などで立て続けに同様の反論を繰り返し、まるで自分が被害者だと言わんばかりの猛アピールを繰り返したのだった。

 しかし、中川氏の反論に対して首をかしげるのは、ある農水省関係者だ。

「週刊新潮の記者が直撃した日、自宅前には農水省の職員もいて、省内では記事が出る前から『今度の相手は記者だって』とささやかれていました。中川先生は迫った直後『私にキスされたって言いふらせばいいじゃない!』とかなり興奮して吐き捨てたそうです。担当大臣にも報告されているはずですよ」

 中川氏の後援会上層部である地元自民党関係者が証言する。

「昭一先生が亡くなってからというもの郁子さんには男の噂が絶えなかった。それにキス写真公開の前から『東京に男がいる』とささやかれていて、どうもそれは地元が和歌山の門氏とは別人のようでした。『中川家のおかげで当選できているのに、東京に本命がいるならさっさと十勝から出ていけ』と陰口を叩く人もいたくらいです」

 そして、「地元の支援者たちの間でも“もう先生がまたデートしようが誰も驚きませんよ”とアキれる声が日増しに高まっている」(前出・地元自民党関係者)のだとか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
綾瀬はるかが登場!?「青天を衝け」視聴率爆下げもNHKが企む秘策とは?
5
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?