芸能

バストトップにあるはずのものがない!紗綾の過激写真集に“疑問”が続出

20140810saaya

 紗綾といえば、昨年のデング熱騒動で図らずも全国区になったグラビアタレント。そのはちきれんばかりのボディは11歳でデビューし、「Fカップ小学生」と呼ばれた時代から崩れることなく健在だ。

 そんな彼女がデビュー10周年を記念して、10月に講談社からかつてない大胆な写真集を発売するようだ。8月7日発売のFRIDAYにスクープショットとしてその一部が公開されているが、これまで必ずといっていいほど水着を着ていた彼女からは想像できない、バストの95%は露出しているほどの大サービスなのだ。

 しかし、普段は男性誌を見慣れていない女性たちはこの公開された写真に相当な違和感を感じたようで、「ちょっと! 胸のトップにあるはずのあの色素の濃い丸い円形はいったいどこにいったの?」「ここまでスゴい修整、見たことないんですけど」「こんな違和感のある写真で男子はヌケちゃうわけ?」など、大サービスの裏に隠された策にどうにも納得がいかないようだ。

「女優やタレントのセミヌードの場合、肝心なものが見えないように修整するのはグラビア業界では当たり前です。『今回はどこまでやりますか?』というのが重要テーマといってもいいぐらい。ただ、最近はデジタルで何でも修整できますので、あきらかにやりすぎて違和感のある写真が氾濫していますよね。振り向いてるカットなのに、お腹の肉にまったくシワのないものだとか(笑)。今回の紗綾でいえば、売りであるバストの露出を最大限にするための苦肉の策でしょうが、あきらかにトップにあるはずのものが何もない。2センチ幅ぐらいの髪の毛で“隠している”という体裁のカットも、この大きなバストでそれはあまりにも不自然で、いくらなんでも修整が過ぎるだろうと、普段グラビアを見ない読者が違和感を感じても不思議ではありません」(週刊誌グラビア担当)

 バスト全体が肌色に修整されたショットなどは、まるでベビードールのそれのよう。この「バストの形まる見え」サービスに昔からのファンは歓喜だろうが、一部からは「潔くない感じだね」「もっとギャラを積めば修整がゆるくなるってやつですか?」と皮肉も出ている。もちろんスタイルは完ぺき、表情も大人っぽくなって美しい。しかし、本当に全てをさらけ出してくれるのはいつの日か。ひょっとして、次の10年後だったりして。

(中里けい)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
2
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
3
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…