芸能

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(3)グラドル編 手島優がグラビア戦国時代の舞台ウラを激白

「愛がいっぱい Iカップ」の手島優(27)も、グラドル歴ははや8年。上も下もいろいろ見てきました。素肌は見せても決して見せない、グラビアアイドルたちの裏物語を語り尽くしてもらった。

――デビューしたのは04年でした。当時は、お局的な怖い先輩はいた?
「お局とまでは言いませんけど、怖い先輩はたくさんいましたよ。芸人さんの世界と同じで、デビューした年が先なら、年下でも先輩として立てなきゃいけない。私はそういう体育会系は苦手じゃないので、意外と直接、怒られたりしたことはないですけどね」
――じゃあ、怒られた人たちは、たくさん見てきたでしょう?
「それはもう(笑)。怒られるだけでなく、挨拶しない後輩は裏でネチネチ言われたり。あと、撮影の時、胸が売りの先輩の前で胸をアピールすると、物凄い視線を感じるんですよ。見ると、その先輩が凄い形相でニラんでいる(苦笑)。撮影中も先輩に気を遣わなきゃいけないのはつらかったです」
――以前は怖い先輩がたくさんいたんだね。
「そういう人が現場に来ると、場の空気がピーンと張り詰めた感じに変わるんですよ。私たち後輩は直立不動で『おはようございます!』みたいな。先輩より先に飲み物なんて飲めないし、先輩を帰りのエレベーターのところまで送ったり。そういう習慣がイヤで、辞めようと悩んでいる後輩もいましたねぇ‥‥」
――手島さんにも辞めたくなった瞬間があったり?
「何度もありましたよ! 撮影で巨乳を売りにしているコが集まるじゃないですか。そうすると、先輩みんなが胸を触りに来るんです! 上から押すんじゃなく、下から持ち上げたりして。そうやって本物かどうか確認しているんですよ。『やわらか~い』とか言っているけど、ニセ乳だったら潰してやろうと考えているんでしょうね」
――じゃあ、ダイエットなんかに成功した日には‥‥?
「『絶対に彼氏いるっしょ?』『全身整形』『脂肪吸引』とか、いろいろ言われました。こっちは努力して痩せたのに! 何か、グラビアの女のコって、ネチネチまではいかないけど、さっぱりもしてないんですよね」
――テレビや雑誌からは伝わってこないけど、グラドルの上下関係はちょっと怖いね。手島さんにも後輩がいるけど、どういうふうに接しているの?
「私はビビリなので、先輩だけじゃなく、後輩にも自分から挨拶しています。最初に敬語を使わなくてもいいよ~なんて言ってしまうので、結構ナメられたりして(笑)」
――深夜ドラマ「撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語」(テレビ東京系)では後輩を叱責する生々しいシーンもあったけど、ナメてくる後輩がいたら、さすがにイライラするでしょう?
「そうなんですけど、グラビア界って今、不況なんですよ。撮り下ろし自体も少なくなっていますし。私が怒って後輩が辞めていくのも困るので、潰さないようにしています。だから言葉じゃなく、見て覚えてねって感じですね。今の後輩は“ゆとり世代”だからなんですかねぇ」
――グラビアのコたちは、よく食事会を開いているって聞くから、仲がよさそうに感じるんだけど。
「私は誘われても行かないです。食事会っていっても結局は腹の探り合いじゃないですか。同業者で仲よくなるなんて私には無理。会話は悪口ばかりになるだろうし、そういうわかりきった女の世界には行かないようにしています。どうせ自分のことを話すなら、うまく転がしてくれる芸人さんのほうがいいです」
――そう思うようになるまで、いろんな出来事があったんでしょうね。
「トラウマはたくさんありますよ。でも、私が警戒しすぎているだけなのかも。まったく先輩に対して気を遣っていない後輩もいますから。私なんて気を遣いすぎて、最近は内臓にきちゃってるんですよ」
――大丈夫ですか!?
「この前、同じ事務所で尊敬する若槻千夏さんに『自然体でいたほうがいいよ』とアドバイスされて、少し楽になったんですけどね。事務所では、いい先輩に恵まれています」
――今回、グラドルにはグラドルの苦労があることがよくわかりました。
「グラビアってエロだし、“おかず”じゃないですか。ファンの人たちにもっと楽しんでもらうため、明るく楽しい世界になるといいな~って思います」

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し