エンタメ

ギャンブルライター・浜田正則の「パチンコ必勝手記」“店の売り上げの9割がMAX機 勝ち重視なら甘デジがオススメ”

20150827s

◆よもやま話「もうすぐ姿を消すMAX機」◆

 CRルパン三世の人気が止まりません。この人気は、お客の食いつきもさることながら、店側の「客を呼べる最後のMAX機かもしれない」という乗り遅れるな感が伝わってきます。

 といいますのも、大当たり確率320分の1以下(全てのMAX機および大半のハイミドル機)の機種が今年の11月1日以降は販売不可となり、設置台も減らしていくという方針が「全日本遊技事業協同組合連合会」(全日遊連)の全国理事会にて打ち出されたためです。

 そこでお店は「今のうちに派手さを演出しよう」と、MAX機のシマをガン出しするケースと、「今のうちにヌキ倒さねば」と、激シメにするケースの両極端に。悩ましいのは激シブと激甘が気まぐれに展開することで、毎日通っていれば「いい日だけ」攻めることも可能ですが、それができない大半の人には、さながら中国株の乱高下。とても狙いにいけません。

◆実戦指南「海系および甘デジ狙い」◆

 人によってはこのMAX機の状況を「書き入れ時」「打たなきゃ損」と解釈するかもしれませんけれど、私の場合‥‥というか、勝つこと重視であるこの連載の趣旨からいくと、すべきは、ズバリ「見(ケン)」。

 覚えておいてほしいのは「店の売り上げの9割は、パチンコならMAX機。パチスロなら爆裂AT機」ということで、それはこの状況でも変わりません。

 私にとって、今の不確実なMAX機は打つものではなく、見るもの。いわば、バブルで儲けた人や大損した人を眺める心境です。

 というわけで、CRキャプテン翼は激甘なので打つべしと言えますし、お盆直後、つまり今からのルパンは「お盆後のアケ返し」「増台」等々でオススメ。

 しかし、そうであっても私は海系を中心に甘デジを推奨します。もしMAX機に手を出すとしたら、前述の台で思いのほか儲けた時にでも、宝くじ感覚で打つのがいいでしょう。

 ちなみに、今のスロット、爆裂AT機も今年の12月1日より同様の「販売不可⇒設置もなくしていく」となりますが、こちらに関しては完全敬遠すべき。

 なぜなら爆裂AT機は昨年に一度規制があり、その際に、すでに骨抜き状態。以降は「ドギツすぎる」か「ウンともスンとも言わない空気台」ばかりで、どちらを打っても勝てません。

 どうしても打ちたいなら「ジャグラー系」にとどめておきましょう。

◆プロフィール 浜田正則(はまだ・まさのり) パチンコ生活歴29年。業界寄りの記述をする「パチンコライター」とは一線を画し、ファン目線で真実のみを文章につづる「ギャンブルライター」として18年目を迎える。漫画の原作者としても活躍しており、作品は多数。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!