芸能

TV美女目撃スクープ60連発!「アサ芸はミタ!」リターンズ(7)スタッフも知らない「意外な関係」

 足の引っ張り合いが日常茶飯事の芸能界。気のおけない友人関係は、仕事現場以外で醸成されることも少なくない。とかくチヤホヤされ、警戒心の強い美女たちならなおのこと。そんな彼女たちの意外な関係をつまびらかにする。

 現在、人間活動中で、音楽活動を休止している宇多田ヒカル(28)。その人間活動の中心はもっぱら新宿のゴールデン街や2丁目界隈だという。芸能記者が言う。
「中でも2丁目にある老舗のゲイバーは彼女のお気に入り。必ず貸し切りにして、1人でママとサシ飲みすることが多いとか。常連には浜崎あゆみもいたりしますが、そのママは口が堅くて気がねせずにいられるのでお気に入りみたいです」
 今年に入って、宇多田が貸し切った日に店に合流したのが、他ならぬ沢尻エリカ(25)だったという。
「どうやら、ママが宇多田と『気が合うから』と紹介したのがキッカケだったとか。その後、すっかり意気投合して、今やメル友の間柄です」(前出・芸能記者)
 また、ハリセンボンの近藤春菜(29)と安室奈美恵(34)は親友の関係で、毎日メール交換するほどだとか。
「定期的に食事会も開いていて、昨年の秋には鍋会も開いた。そこで春菜が、気を利かして、番組で共演した吉高由里子を呼び出したんです。吉高は大のアムロファンで、すぐに合流。ところが、吉高は『ファンです』と言ったきり、黙ったまま。アムロも人見知りだからまったく会話が弾まない。その場にいた春菜がいたたまれず盛り上げていましたけど、シーンとしたまま盛り上がりに欠けていましたね」(居合わせた客)
 そして、番組共演で急接近中なのがTBSの田中みな実アナ(25)とチャラ男ことオリエンタルラジオの藤森慎吾(28)だ。
「昨年の秋に、藤森の兄が経営しているレストランに田中アナが女性と来ていた。そこに合流したのが、藤森だった。周りを気にしながらもヒソヒソ話だったんですが、盛り上がってくるとチャラ男風のセリフで『いいね~っ』と絶叫。すぐに周囲の客に気づかれていました。田中アナはプライベートモードで、ブリッ子的な話し方は皆無でした」(目撃者)
 月に1度は食事会を開いている2人の今後の関係はいかに――。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは