芸能

男の運気を上げる“あげまん”芸能女性10人を徹底比較!「“格下夫”をアシストする仲間由紀恵と杏」

20150910f

 昨年9月に俳優・田中哲司(49)と年の差婚を果たしたのは仲間由紀恵(35)。

「昨年のNHK朝ドラ『花子とアン』の蓮子役が好評で、女優としてみごと復活した仲間は結婚後、故・森光子の当たり舞台『放浪記』を引き継ぐことに成功しました。実は同舞台の主演はロングランということで収入を安定させるだけではなく、生活が規則正しい時間で流れて安定するんです」(芸能プロ関係者)

 結果、夫のために料理を作って、献身的に役者業をサポート。仲間の人気に連動するかのように夫も躍進しているようだ。

「田中も以前は2時間ドラマの犯人役など端役が多かったが、結婚後は連ドラへの出演が続いている。もともと実力のある俳優だけにキャスティングされるのは当然ですが、あの仲間の夫ということでギャラがワンランクアップしたと評判です」(前出・芸能プロ関係者)

 13年のNHK朝ドラ「ごちそうさん」での共演をきっかけに今年元旦、(29)は東出昌大(27)と入籍した。

 その後も女優として精力的に活動し、月9ドラマ「デート」(フジ系)や人気シリーズ「花咲舞が黙ってない」(日テレ系)の続編など、話題作の主演を果たした。もはや親の七光りなど吹き飛ぶ活躍を見せているが、こちらも、格下夫への人気浮揚のアシストぶりでは黙ってない。

「夫婦ともにモデル出身で、歴史好きという共通点がある。とはいえ、杏が役者としては評価の上がらない夫を選んだ背景には、将来的に夫婦そろっての海外進出という野望を持っており、東出が外国語に堪能だったからだと言われているんです。妻の目標を実現すべく、2歳年下の夫は奮起。今年1月からは、大河ドラマ『花燃ゆ』と『問題のあるレストラン』(フジ系)に並行出演するなど、“ごちそうさん婚”で鼓舞された効果が表れている」(スポーツ紙芸能デスク)

 見逃せないのは、ハリウッド映画「ラストサムライ」への出演をためらっていた父・渡辺謙(55)の背中を押し、“世界の渡辺謙”にまで持ち上げた義理の母・南果歩(51)の存在だという。

「かつて謙さんが白血病を発症したこともあり、南さんは健康への気配りが半端ないんです。自分のドラマの撮影現場でさえ、他の出演者に野菜ジュースを配るなど徹底した健康志向ぶりを披露している。当然、夫の健康管理は完璧にこなす究極のあげまん。父親を介して接してきた杏は、義母の献身ぶりをお手本にしたようです」(女性誌記者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」