芸能

永遠の70年代アイドルに会いたい!「麻丘めぐみ(わたしの彼は左きき)」日本中の左ききが拍手した大ヒット曲

20150924_1001s

 デビューから7作連続でシングルがベストテン入りするなど、70年代アイドルでは“特A級”の存在だった麻丘めぐみ(59)。レコード売り上げだけでなく、ビジュアルを含めた全てが鮮烈な輝きを放っていた。

 沖縄返還や田中角栄内閣誕生に沸いた72年6月、デビュー曲の「芽ばえ」が発売され、たちまち40万枚の大ヒットを記録。世の激動と、自身のデビューはどう結び付いたのか?

「自分の人生が大きく変わった運命の年。もともと私の姉が歌手で、スターになる日を夢みていたんです。その世界に私も入っていって、戸惑いと不安ばかり抱えていました」

 同期には郷ひろみ、西城秀樹、森昌子ら強力なライバルがひしめく。同年のレコード大賞は熾烈なデッドヒートの末、ちあきなおみの「喝采」が制したが、最優秀新人賞もまた、激戦を勝ち抜いて麻丘の頭上に輝いた。

「正直に言うと‥‥最優秀新人賞は申し訳ない気持ちでいっぱいでした。私は子役から始まり、いつかいい役者になることが夢だったので、歌手になってあとに引けない現実をなかなか受け止めることができず、よく泣いていました」

 大みそかの授賞式でも、感激どころではなくパニック状態に近い大泣きの姿が見られた。今、あらためて栄光の瞬間をプレイバックしてもらいたい。

「会場は帝国劇場だったんですが、地下4階からセリが上がっていくんです。実は私、すごく高所恐怖症で、賞どころではなかった。ガタガタ震えながら『早く終わって』とつぶやいていたくらいです。受賞して司会の森光子さんに『うれしいわよね』ってマイクを向けられても、なぜか『わかんな~い!』って答えたくらいですから」

 3歳から少女モデルをやっていただけあって、どの時代にデビューしても通用する透明感があった。特に垂れ髪を短く切った「お姫さまカット」は、自身のトレードマークとなる。

「モデル時代はヘアメイクもスタイリストもいませんから、全て自前だったんです。髪形のバリエーションをつけやすいようにと、あのカットにしました」

 翌73年には「わたしの彼は左きき」が50万枚を超える最大ヒット。チャート1位を獲得した事実よりも、男たちの「左ききコンプレックス」を払拭したことが大きかった。

「ヒット記念パーティには、王貞治選手(当時)に来ていただいて驚きました。私は『面識もないのに、すいませ~ん』って、感激しながらも謝っていました」

 どのアイドルもそうだが、70年代は歌、ドラマ、バラエティ、雑誌とフル稼働するため、現在とは忙しさが桁違い。そんな日々をどう過ごしたのか?

「当時は歌番組が毎日あり、週末は地方のコンサートに行き、とにかく忙しかったので、当時の記憶がないんです。自分の思いとは違う展開になっていくのが、10代の私にはすごく怖かった。歌手活動は激動の5年間でした」

 77年に結婚のため一時引退。デビューから親しかった南沙織、浅田美代子も、ほぼ同時期に同じ形で一線を退いている。親友たちとの絆は今も変わらず、ずっと支えてもらっていると感謝する。

「激動の5年間があったから、復帰後の今もお仕事させていただいてます。来年も舞台が控えており、還暦を迎えるので新たな挑戦をしたいですね。09年に33年ぶりに発足したファンクラブの皆さんとも、楽しい時間を作りたいです」

 会話のそこかしこに、デビュー時と変わらぬ青嵐が吹いている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「服からバストがこぼれそう」最新写真に“過去最高艶度”の声!
2
藤田菜七子が土屋太鳳を“公開処刑”した!?超小顔とスレンダー大人ボディ
3
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
西内まりやがココまで脱いでいた!「全裸監督2」騎乗シーン再現