芸能

あのNHK朝ドラヒロインの“衝撃濡れ場”を一挙公開!「次作ヒロインを演じる波留が映画の中で…」

20150924_1001p

 この秋からまた新たな作品がスタートするNHK朝の連続テレビ小説。その主演女優といえば、まさに国民的ヒロインである。彼女たちの中には、大胆なベッドシーンや一糸まとわぬ姿に挑んでいた者も多数。そんな珠玉の映画シーンをプレイバックする。

「まれ」の土屋太鳳(20)からバトンタッチを受けたのは、9月28日にスタートする「あさが来た」のヒロイン、波瑠(24)。清楚で知的な魅力を持つ彼女は、あの「夏目雅子の再来」という声も上がっているが、13年公開の映画「みなさん、さようなら」で大胆なシーンを演じていた。

 波瑠は団地住まいのマセた少女という役柄で、折に触れ、隣に住む同級生(濱田岳)に性の手ほどきをしていく。濱田の部屋のベッドに隣り合わせに座り、みずから眼鏡を外してキスを。ムラッとした濱田は波瑠の左胸をパーカーの上からワシづかみにする。そこで波瑠は「ダメ。ここまで」とジラすひと言。我慢できない濱田がもう一度揉み込むが、そのままお預けを食らってしまった。

 ややあってブレザー姿でベッドに座る波瑠が、濱田と会話を交わしながら胸を揉みしだかれるシーンでは、波瑠も濱田のジーンズの上から股間をサワサワとなでる。だが、スカートの中に手を差し入れられると「ダメ‥‥ここまで」と、またしても寸止めで終わらせるのだ。

 やがてそんな波瑠もとうとう、濱田の「おさわり」を受け入れる。ベッドで抱き合いながら、波瑠は濱田のジーンズのファスナーを下ろし、モノをまさぐりだした。興奮した濱田が「入れたい」と懇願。白いブラウス姿の波瑠は「こういうことしていると動物の部分が刺激されて、相手のこと好きなような気がしちゃうんだよ」と一度は拒否するが、さらに濱田の指が股間を刺激すると、声を押し殺すように口元を手で押さえる。だが、たまらず「ハァ~ン、アン」と切ないアエギを漏らすのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
4
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
5
柴崎岳がサブ扱いで囁かれる真野恵里菜「さげまん説」!