芸能

波瑠、ドラマ「路」で「“男が描く理想の女性像”演じきった」感嘆の声続々!

 5月30日に最終回を迎えた日台共同制作ドラマ「路」(NHK)。「悪人」「怒り」「さよなら渓谷」「横道世之介」などで有名な吉田修一氏による同名小説が原作で、1999年から2007年の間、台湾新幹線の着工から開業するまでの大きなプロジェクトを追うとともに、日本と台湾で育まれた個人の絆が丁寧に描かれていた。

 中でも、学生時代に台湾を訪れた時、1日だけ台北を案内してくれた、偶然出会った現地男性・エリック(アーロン)にずっと淡い思いを抱き続け、台湾新幹線プロジェクトメンバーとして台湾で働くようになるヒロイン・多田春香を演じた波瑠が、とにかく可憐だったと感嘆の声が相次いでいるようだ。

「ネット上には『台湾を舞台にした波瑠の長いプロモーションビデオのようだった』『男が考える“こうあってほしい女性像”を、素顔は男っぽい波瑠がしっとり演じててハマってた』『素顔は責めキャラなのに、ヒロイン感の高いおとなしめな女性役が波瑠には似合う』など、波瑠に対する称賛の声が数多く見られます。波瑠は自身がサバサバしたキャラだとかねてより発言していますが、男性が理想とする、別れた後でも自分のことを好きでいてくれそうな“一途キャラ”が似合うことは間違いないでしょう」(女性誌記者)

 2015年下半期放送の朝ドラ「あさが来た」(NHK)でヒロイン役を射止めるまでは、オーディションを毎日のように受け、「200連敗くらいしたんじゃないかな」と公言している波瑠。今後もヒロイン感高めのキャラで多くの人々の胸を甘酸っぱい思いでいっぱいにしてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
3
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線