芸能

西内まりやに公開処刑!橋本環奈、“16歳での劣化”に「一体何キロなんだ!」

20151009hashimoto

「1000年に1人の美少女」とそのルックスを大絶賛され、ネット上では千年ちゃんというニックネームまで付いた橋本環奈。ところが、彼女の突如の激変ぶりが周囲を驚かせている。

 橋本は9月29日に行われた「第1回クリスマスジュエリープリンセス賞」の表彰式に出席。彼女の“千年ちゃん”ぶりを期待して集まった取材陣たちが言葉を失ったというのだから大変だ。

「激太りといったら言葉が過ぎるかもしれませんが、スラッとして可愛いらしい以前までの橋本の姿はそこにはなく、あきらかにワンサイズ以上大きくなったふくよかな体型へと変貌していました。本気で『えっ?』と思いましたね。また、共に表彰式に登場した西内まりやとマギーが誰もが認めるモデル体型ということもあって、“公開処刑”された橋本の激変ボディには熱視線が送られていましたね」(週刊誌記者)

 橋本はなぜ肥大化してしまったのか。その原因について、アイドル誌記者はこう分析する。

「テレビでこそ見る機会は減った橋本ですが、この夏は映画初主演作となる来春公開の映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』の撮影、所属するアイドルグループ・Rev.from DVLのライブツアーなど、大忙しだったようです。それがひと段落ついたようです。そのため、暴飲暴食してしまった可能性が高いとファンの間では言われています」

 この変わり果てた姿にネット上では「橋本が超絶劣化した」「何キロ太ったんだ?」という声が当然のように聞かれたが、一方でこのポッチャリ化を喜ぶファンも同じように多く、「とっつきにくさが薄れて以前より癒されそう」「アイドルはガリガリじゃダメ」「女のカラダになったってことで…」と、好感触を抱いている層もいる。

「モーニング娘。’15の“ズッキ”こと鈴木香音も体型がふくよかなことをネタにされることが多かったが、5月からダイエットを決行し12キロの減量に成功。そういった努力が認められ、8月に発売された最新シングルでは初のセンターポジションに選出された。本人は必死だったようですが、ぽっちゃり体型の鈴木を推している人にとってはガッカリする出来事だったようで、その後リバウンドした鈴木に対して『おかえり、ズッキ』と歓喜したファンも多い。どちらがウケるかはファン次第なんですよね」(前出・週刊誌記者)

 今回の橋本の肥大化も思春期の女子特有の肉体変化として見るのがいちばん正しいだろうが、「1000年に1人のルックス」だけに、周囲が騒がしくなるのも無理はないのかも。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手