芸能

フジ昼ドラが来年3月終幕!女優たちの伝説の名場面をフィードバック「最大の過激シーンを演じた田中美奈子」

20151119k

 同じくNHK朝ドラで国民的子役として名をはせた双子姉妹・マナカナの三倉茉奈(29)も、イメージ脱却すべく「赤い糸の女」(12年)で過激なシーンに初挑戦している。親友の彼氏と情事を重ねるためにホテルへと誘惑する茉奈は、

「ねぇ、早くぅ~」

「待ち遠しかった。毎日でもシてほしい」

 とあふれ出す欲望を抑えられない。唾液を絡ましたキスのあと、一糸まとわぬ姿で男にまたがる。その姿が楽器のビオラのようだと男に例えられると、恍惚の表情を浮かべながら、

「私がビオラ‥‥。鳴らして‥‥、鳴らして!」

 と快感を求めるあまり相手を煽るようなセリフを連発するのだった。

 さて、“最大のエロス作品”と評されるのは「幸せの時間」(12年)だ。初回から主演の田中美奈子(48)がアエぎ続ける。

「ハァハァ‥‥だめよ、あなた、そんなことしたら、子供たちに声が聞こえちゃう」

 夫の濃厚な攻めに身悶える主婦の痴態が、お茶の間に流されたのだ。理性が崩壊した田中はなおも、部屋中に嬌声を響き渡らせ、そのまま激しい正常位で深く突き上げられるのだった。

 淫乱ぶりでは、夫の不倫相手役・神楽坂恵(34)も負けていない。ベッドまで我慢できず、なんと玄関で立ちバックに興じるのだ。

「普通は隠すはずの腰の動きが映っているし、彼女の豊満な肉体が揺れるわけです。もういかにも『ヤッてます』と、まるでAVを見ている気分になりました」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏)

 神楽坂は裸エプロンで全身にバターを塗られ、舐め回されるバター犬プレイまで披露している。

 数々の名作を生み出し、“地上波の最後のオアシス”とも呼ばれた昼ドラは本当に終わってしまうのか。公式発表はしていない東海テレビに問い合わせると、

「4月以降の放送予定は何も決まっておりません」

 と、存続に含みを持たせる。そんな中、11月30日から「新・牡丹と薔薇」が放映開始と発表された。

「52年の集大成となるピンク描写」が大いに話題を呼べば、もしや53年目に突入することも‥‥!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!