芸能

グラビアを飾る美女たちのスキャンダル真相「小阪由佳・激太り騒動を乗り越え保育園の経営者に」

20151119e

 グラビア界で屈指のプロポーションを誇りながら、引退と同時に約20キロもの体重増加。お騒がせ発言もたびたび話題になった小阪由佳(30)は、小阪有花に改名し、心身ともに見違える成長を果たしていた──。

「こしゃか先生~!」

 千葉・市原市にある「ウィズママ保育園」で、舌っ足らずな園児たちに囲まれているのは小阪有花である。アイドル当時と変わらない168センチ、B88・W58・H84の黄金比ボディをエプロンで包み、みごとな先生ぶりを発揮している。

 今春、オープンしたばかりの同園は、小阪がプロデュースを担当した。

「ずっと子供に関わる仕事がしたいと思っていたんです。芸能界を辞めてから、保育補助として働いていました。その時、“もっと子供たちのためにできることがあるのでは?”と、ずっと考えていたんです。保育園を造ったのも、この思いがあったからです」

 小阪の教育に対する考え方に賛同してくれた不動産業のオーナーが、所有の物件で協力。子育て経験のある保育士をそろえて「母親の側に立った保育園」が完成した。

「私はコンサルタントとして入っていますが、子供の気持ちをもっと知りたくて、週3くらい子供たちとじかに接しています。ハロウィンやバザー、クリスマスなど、この時期は行事が続いて大忙しなんです」

 開園から半年で月ぎめ保育20人の枠が埋まり、上々のスタートと同時に、子供と接することでさまざまな発見があるという。

「子供って素直だなあと思います。内気だった子が人と接することによって個性を発揮するようになったり、逆に大勢の中にいることに動揺して手が出ちゃったり。昨日食べられなかったものが今日食べられたり、しゃべれたり。日々いろんなことを吸収して、変化していく。だから私たちも、それに後れを取らないよう、日々学び、成長していかなくてはと感じます」

 そんな小阪は、芸能界デビューと同時に「ミスマガジン2004」でグランプリを獲得するなど、恵まれた環境にあった。それでも芸能界特有の人間関係で悩むようになり、09年に引退。

 そして翌10年2月、都内でライブを敢行した小阪は、70キロを超える「激太り」の姿が衝撃を与えた。

 わずかな期間に、なぜ、激変してしまったのか?

「やはりストレスですよね。何をやっていいのかわからず、過剰な食欲に走ってしまいました。さらに、自分のキャラクターに悩んでいた時、『太ったら話題になるかもね』と友人に言われ、やってみようと思ってしまったんですね。芸能界を離れたとはいえ、注目されなくてはという意識から行動しました」

 やがて、数々の発言もネットを中心にバッシングされるようになった。

「『○○さんを名指しで批判』と書かれることがありましたが、名指しで何かを訴えるようなことはしていなかったので、いろいろ言われてしまうのは自業自得と反省しながらも、やりきれなさがありました。それでも数々の経験から、精神的強さを持つ大事さを、身をもって体験した。この経験を生かし、子供たちに自尊心を育てられるような教育がしたいと考えて、向き合い取り組んでいます」

 一方、一念発起でダイエットに励んだ。その成果は12年に20キロのダイエット成功として表れ、写真週刊誌「FRIDAY」でグラビアに発展する。

「精神面のケアを自分でやりながら、同時に独自の食事管理でダイエットをやり遂げました。いろんなことを克服した私が『強くなって帰って来たよ!』という決意を見せるために、覚悟で臨んだグラビアでした。見た人には激太りの時期と比べて『同一人物じゃないだろ!』と言われました(笑)」

 ただし、芸能界への復帰は考えていない。三十路という節目の年齢で、起業家としての夢は膨らむばかり。子供のことを考え取り組んでいる時が人生の喜びだと語る小阪は、過去の経験を失敗で終わらせないため、懸命に道を歩んでいる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
「ソフトバンクを猛追」を妨害するロッテの爆弾「投打のブチ壊し男2人」困った舞台裏
4
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
5
山川穂高「ブーイング攻撃」に参った…沖縄で泡盛飲んで気分転換しても「ドン底大不振」から抜け出せない!