芸能

石田ひかり、高橋由美子、深田恭子…「南くんの恋人」の結末が原作とは違う理由

20151112fukada

 内田春菊の漫画をドラマ化した「南くんの恋人~my little lover」(フジテレビ系)が11月9日からスタートした。同作品は今回で4回目のドラマ化となるという。

「『南くんの恋人』は1990年、1994年、2004年と過去にドラマ化されており、今回で4度目となります。主人公を演じるのは、現在放送中の『監獄学園-プリズンスクール-』でも主演を務める中川大志、そしてヒロインは三井のリハウス第14代目リハウスガールの山本舞香です。有名な原作のため放送前から注目度は高かったのですが、放送時間が平日深夜2時35分からと非常に遅い時間のため、視聴者からは『リアルタイムで観られない』と不満の声も出ているようです」(テレビ誌記者)

 そんな「南くんの恋人」だが、過去にドラマ化された際は、すべて原作とは異なる結末を迎えてきた。その理由は原作の悲惨なラストが原因だという。

「原作では転落事故に遭ったことで、負傷したヒロインがそのまま死亡という悲しい結末を迎えます。このラストはさすが悲惨だと過去のドラマスタッフは考えたのか、1作目の石田ひかり版では、ヒロインが行方不明となるも、風船に掴まり帰ってくる。2作目の高橋由美子版は、徐々に衰弱し一度は死を迎えるものの、のちに放送された特別編で生き返るという展開に。3作目の深田恭子版は、崖から落ちるものの死ぬことはなく、南くんと結婚します。このように、過去の作品はすべてハッピーエンドへと変更されてきました。そのため今回の4作目では、どのようなラストになるのかが視聴者から注目されているのです」(前出・テレビ誌記者)

 1度はヒロインが死を迎えた高橋由美子版は最終回後、視聴者から苦情が殺到したため、スペシャル版を制作し命を復活させたとも噂される。今回の新作もまた、原作とは異なるハッピーエンドとして描かれるのだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
4
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
5
大江麻理子、プリンプリン桃型ヒップと腰つきがヤバイ!“フェロモン爆発度”