芸能

安泰はマツコだけ?来年「オネエ系タレント」がテレビから一斉に消える!?

20151214matsuko

 いまや芸能界は「オネエ系タレント」が百花繚乱だ。マツコ・デラックスを筆頭に、IKKO、KABA.ちゃん、ミッツ・マングローブ、植松晃士など枚挙に暇がないが、今年は新たにGENKINGがブレイクするなど増殖の一途だ。

 しかし、来年4月の番組改編を機に、各局は一斉にマツコをのぞく「オネエ系タレント」の整理、選別に動くという。民放プロデューサーが語る。

「オネエ系タレントブームは一巡して、いまや視聴者から完全に飽きられています。あのジャンルは“整形”や“改造”をしている人も多く、メンテナンスに金がかかる。それでギャラに固執する人が多く、芸人の倍以上が相場となっています。視聴率を押し上げてくれるわけでもなく、制作費が高くつくだけですから、起用する意味が薄れているんです」

 さらには、オネエ業界は足の引っ張り合いが日常茶飯事だとか。

「ハーフタレントたちは、頻繁に“互助会”のような会合を開き、一緒に売れようという気持ちがあるのですが、オネエタレントたちはライバルを蹴落とそうとみな必死です。うっかり他のオネエをホメようものなら、ブチ切れられますよ」(前出・民放プロデューサー)

 はたして来年、何人のオネエが芸能界で生き残っているのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え