芸能

「相棒」視聴率急降下で終了危機でも“戦犯”は反町隆史ではなかった!

20151214sorimachi

 12月9日に放送されたテレビドラマ「相棒 season 14」(テレビ朝日系)第8話の視聴率が12.9%だったことがわかった。同ドラマは初回放送から視聴率が急落している。

「近年、高視聴率が当たり前だった『相棒』シリーズですが、ここにきて視聴率が下がってきています。初回こそ新相棒役に反町隆史を起用した話題性もあり18.4%を記録しましたが、以降は徐々に下降し、今回はとうとう12%台を記録。このまま1ケタ台へ突入する可能性も大いにあります」(テレビ誌記者)

 ネット上では最近の「相棒」に関して「さすがに飽きた」「ストーリーがつまらなくなった」と厳しい声も多数あがっている。

 以前は大人気だった「相棒シリーズ」は、なぜここまで衰退してしまったのだろうか。

「今までの『相棒』に関わっていた常連脚本家が抜けたことで、ストーリーの面白さが低下。その影響が視聴率へ如実に現れてきています。例えば過去の『相棒』脚本家・櫻井武晴は、近年、ドラマ『永遠の0』や劇場版『名探偵コナン』シリーズを手掛け、古沢良太は『リーガルハイ』『デート』など、超売れっ子作家となり今や大忙し。とても『相棒』にかまっている暇はないので、今後、それらの脚本家が戻る可能性は低い。そのため、このまま低視聴率が続くと、無様な状況を晒したくないと考える水谷豊の一声で、『相棒』は今シーズン限りで終了となる場合も十分考えられます」(前出・テレビ誌記者)

 水谷豊の相手役ばかりが話題になるドラマ「相棒」。しかし一部の相棒ファンは有名キャストよりも、まずはまともな脚本家を呼んできてほしいと願っているようだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…