芸能

小島瑠璃子「番組出演本数」女性部門1位も“第二のベッキー”で先細り確実!?

20151216kojima

 毎年恒例の「タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)が15日、発表された。総合で1位となったのは、昨年に続きTOKIOの国分太一で、2位はバナナマンの設楽統と不動だった。そして、大躍進を果たしたのは、帯番組も冠番組もないが3位にランクインしたハライチの澤部佑だろう。

 澤部と同じく注目されたのは、総合7位、女性部門では初の1位となった小島瑠璃子だ。TBSの「S☆1」やMBSの「サタデープラス」でMCを務めるほか、「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)のレギュラーはじめ、複数の準レギュラーへの出演で本数を伸ばした。

 しかし、大躍進の2人にネット民は不満があるようだ。「澤部のどこが面白いんだろう」「こじるりのワイプでのオーバーリアクションがうざい」「出演本数が多いからって、好感度が高い訳じゃないことが証明されたみたい」など、出演本数=好感度ではないようなのだ。特に、小島に関しては「こじるり凄いけどあんまり面白くないから来年以降は減るだろうな」「こじるりさん、最初は良いイメージだったけど最近は『第二のベッキー』な感じでウザさが目立ってきて残念」など、否定的な意見が散見された。

 芸能ジャーナリストはこれらの意見について「的を得ている」と話す。

「小島さんの『第二のベッキー』説は言い得て妙ですね。ですが、ベッキーのように強烈なキャラではないのが弱点。何か“決め球”となるような芸を持たないと、先細りは確実ですね」

 歌手でもなく、演技者でもない小島。ベッキー同様、元気の押し売り商法だけでは限度があるかもしれない。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス