芸能

小島瑠璃子「番組出演本数」女性部門1位も“第二のベッキー”で先細り確実!?

20151216kojima

 毎年恒例の「タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)が15日、発表された。総合で1位となったのは、昨年に続きTOKIOの国分太一で、2位はバナナマンの設楽統と不動だった。そして、大躍進を果たしたのは、帯番組も冠番組もないが3位にランクインしたハライチの澤部佑だろう。

 澤部と同じく注目されたのは、総合7位、女性部門では初の1位となった小島瑠璃子だ。TBSの「S☆1」やMBSの「サタデープラス」でMCを務めるほか、「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)のレギュラーはじめ、複数の準レギュラーへの出演で本数を伸ばした。

 しかし、大躍進の2人にネット民は不満があるようだ。「澤部のどこが面白いんだろう」「こじるりのワイプでのオーバーリアクションがうざい」「出演本数が多いからって、好感度が高い訳じゃないことが証明されたみたい」など、出演本数=好感度ではないようなのだ。特に、小島に関しては「こじるり凄いけどあんまり面白くないから来年以降は減るだろうな」「こじるりさん、最初は良いイメージだったけど最近は『第二のベッキー』な感じでウザさが目立ってきて残念」など、否定的な意見が散見された。

 芸能ジャーナリストはこれらの意見について「的を得ている」と話す。

「小島さんの『第二のベッキー』説は言い得て妙ですね。ですが、ベッキーのように強烈なキャラではないのが弱点。何か“決め球”となるような芸を持たないと、先細りは確実ですね」

 歌手でもなく、演技者でもない小島。ベッキー同様、元気の押し売り商法だけでは限度があるかもしれない。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方