スポーツ

今年は特に!プロ野球がつまらなすぎるツ(1)

 ペナントも大詰め。本来ならば、クライマックスシリーズ進出争いで大盛り上がりのはずだ。ところが、観客動員も中継視聴率も控えめな数字が並ぶばかりである。改革が叫ばれて久しいが、代わり映えのしないプロ野球の現状にファンは飽き飽きしている。


試合より面白い「ストーブリーグ」
巨人 ラミレスが「パ・リーグ移籍」に動き出した
楽天 星野監督が「川上憲伸獲り」の野望執念!

 統一球の導入でなかなかホームランが出ない展開や、節電ルールで引き分けばかりの結果にはもううんざり。試合よりもむしろ、早くも漏れ伝わってきた「ストーブリーグ」情報のほうが、はるかに刺激的である。

 オフの主役・巨人は後半に入ってやっとエンジンがかかってきたが、開幕から沈黙を続けた打線とともに、先発、抑えといずれも固定できない投手陣は頼りなさすぎだった。
「当然、FA権を取得している選手の調査を開始しています。先発としてはソフトバンクの杉内俊哉(30)
、主軸としては横浜の村田修一(30)に興味を示している」(スポーツ紙デスク)
 補強があれば放出もあるのは当然だが、注目は主力外国人選手の先行きだ。
「わずか1勝(8月27日現在、以下同)と期待を裏切ったグライシンガー(36)のクビはわかりますが、4番としてチームの功労者だったラミレス(36)もチームを去ることになりそうです。みずからパ・リーグ移籍を熱望しているといいます」
 こう語る球界関係者が主砲流出の経緯を解説する。
「原因は、もともとうまくはない守備の衰えです。東京ドームでレフトを守っていると、相手チームのファンから拍手すら起こることに嫌気がさしている。今季のチームの低迷についても、自分の守備難のせいだと責任まで感じているんです。来年にも、外国人初の2000本安打が達成できる状況もあり、現役続行のためにDHのあるパ移籍を狙っています。すでに西武、楽天、オリックスなどが興味を示しているようです」
 ライバル阪神も、外国人の大量流出が危惧されている。
「かつて阪神に在籍していたボーグルソンが今季、メジャーでオールスターに選出されたことに、先発で活躍するメッセンジャー(30)とスタンリッジ(32)が刺激を受けている。日本での実績を考えたら、自分もできると考えて当然でしょう。もともとメジャー志向の強いマートン(29)も予断を許さない。彼はメジャーの評価が高くありませんが、阪神の提示する年俸と天秤にかけ、納得いかなければ出て行きます。阪神が一気に戦力ダウンするおそれがある」(スポーツライター)
 続いては中日。一番の話題はもちろん今季で契約の切れる、落合博満監督(57)の進退問題である。
 ドラ番記者が言う。
「落合監督の最大のネックは、地元人気のなさに尽きます。ナゴヤドームの観客動員数は減少の一途です。その不人気を勝つことで抑え込んできましたが、今季はすでに完封負け15回の体たらく。後任候補には、田尾安志氏、小松辰雄氏とともに、牛島和彦氏の名前もあがっています。86年オフのトレードを思い出すと、もし落合監督が去って牛島氏が中日に戻ったら、ドラマチックですよね」
 監督の去就といえば、1年契約の楽天・星野仙一監督(64)も騒がれそうなものだが‥‥。
「いや、星野監督はまだ経験のない日本一達成の野望に固執しています。今年は補強の目玉・岩村明憲(32)が打率1割7分8厘、本塁打0と大誤算。しかし、星野監督は『俺が獲った選手じゃない』というスタンスで気にしていない。それどころか、オフには得意の大型補強をまた敢行する腹づもりです」(球団関係者)
 星野監督が獲得を狙っているのが、メジャーで振るわず、現在は2Aでくすぶっている川上憲伸(36)だ。
「ブレーブス時代の過去2年は8勝22敗。年齢を考えれば、川上が野球を続けるには日本球界に戻るのがベストです。星野監督は『まだ2桁勝てる力はある』と豪語しています。他の球団が獲得に名乗りを上げても、明治大学の後輩で、中日時代には師弟関係だった強固な結び付きには対抗できないし、川上自身も断れないと言われます」( 前出・球団関係者)  球界は今、「2強10弱」の時代である。交流戦でパの優位は明白となったが、そのパでもぬきんでているのがソフトバンクと日本ハムだ。他球団と差がつけばつくほど球界はおもしろくないが、その日ハムからこんな話が聞こえてくる。
「梨田昌孝監督(58)は今季の成績にかかわらず交代する可能性が出てきた。後任は一説に栗山英樹氏(50)と言われますが、ヒルマン前監督(48)の復帰もささやかれています。ヒルマン氏は4年前リーグ2連覇を達成しながら『高校生の息子の思春期』を理由に勇退。その原因も時が解決し、再来日にも支障がない」(前出・スポーツライター)
 嗚呼、ストーブリーグばかりがおもしろくなりそうである。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱
5
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由