芸能

全日本「魅惑のバスト」ベスト50(11位~20位)女子バレー史に残る木村沙織の膨らみ

20160104bust

 2015年での活躍をもとに2016年の飛躍が期待されるバストの持ち主は誰なのか? グラドルだけじゃなく、旬の女優も女子アナもアスリートも文化人もすべて縦断し、ひたすら「魅惑のバスト」という観点で「ベスト100」をランキング付けするというユニークな企画が、現在発売中の「アサ芸シークレットVol.37」で掲載されている。その中から抜粋してカウントダウンでお伝えしていこう。

○20位 杉浦友紀(NHKアナ/158センチ 推定87センチFカップ)

 福井局在住の頃から「北陸のスイカップ」と呼ばれ、晴れて東京に進出後は次々と大役が舞い込む。昨年5月の結婚は、まだ早かったか?

○19位 吹石一恵(女優/169センチ B86・W59・H86)

 日本中に「福山ロス」、あるいは「ましゃロス」を叩きつけた。女たちが悔しがるのはわかるが、芸能界きっての美ボディには勝てまい。

○18位 今野杏南(グラビア/156センチ B86・W59・H83)

 デビューのきっかけは「フェロモン中学生」の企画に応募したこと。以来、男たちを骨抜きにする色っぽさは増していくばかりだ。

○17位 木村沙織(女子バレー/185センチ 推定96センチFカップ)

 女子バレー史に残るアイドル選手のサオリンに届いた結婚のニュース。あの笑顔と、弾力性に満ちた膨らみを独占できるなんて‥‥。

○16位 小嶋陽菜(AKB48/164センチ B80・W60・H86)

 大島優子や中田ちさとら新旧のメンバーにライブやテレビで「こじパイ」をわしづかみにされる。それを許容するのがこじはるの魅力。

○15位 石原さとみ(女優/157センチ B82・W58・H82)

 いつも期待を裏切らない。メジャーな女優でありながらセクシー展開にも積極的で、抱き心地よさげなボディが光る、光る!

○14位 星名美津紀(グラビア/163センチ B92・W60・H86)

 若きグラビア女王は今春から女子大生になったが、ロリエロ要素にくわえ、しっとりした色香も増量中。前年比50%UPは間違いない。

○13位 綾瀬はるか(女優/165センチ B88・W61・H91)

 女優として成長を重ねるにつれ、Fカップのお披露目は減る一方だったが、今年は「SK-II」のCMで真っ白な上チチをアピール。

○12位 篠崎愛(グラビア/160センチ B87・W60・H88)

 4月に念願のソロ歌手デビューを飾り、グラビアから遠ざかるかと心配された。でも、安心してください。ちゃんと魅せていますから。

○11位 佐野ひなこ(タレント/160センチ B84・W51・H87)

 芸能界最強のくびれウエストの持ち主だが、昨年のドラマ「デスノート」(日本テレビ系)では、アイドル衣装からのぞく胸元もボリューム満点だった。

※このランキングは有名人を対象に、【1】バストサイズ【2】カップサイズ【3】人気・知名度【4】メディア露出度【5】衝撃度を総合してアサ芸シークレット編集部が独断で決定しています。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
5
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に