芸能

古舘伊知郎が次に狙うのは「ジャーナリスト養成」と「新しいトーク番組」!?

20160104hurutati

 2016年3月で「報道ステーション」(テレビ朝日系)のメインキャスター降板を発表した古舘伊知郎。12年も続いた毎晩の帯番組で、さぞお疲れのことだろうと思いきや、新たな野望がいくつか聞こえてきた。

「古舘は以前から『自分の言葉でしゃべらないジャーナリストが多すぎる』と言っており、今後はテレビの仕事を減らし、ジャーナリストの養成に力を入れていくと思われます」(広告代理店関係者)

 長年、テレビの第一線で活躍してきた古舘だからこそ見えたビジョンなのだろう。

「古舘は良くも悪くもテレビの限界を痛いほど知っています。また、その限界を突破するためには教育と改革が必要だと考えているのです。そのために現在61歳の古舘ができることとして、ジャーナリストを養成するためのカリキュラムと、それに関する新しいシステム案を温めているようです」(前出・広告代理店関係者)

 そうかと思えば「古舘はまだテレビに希望を持っている」という声も。

「古舘がマイク1本のみで語り倒すトークイベント『トーキングブルース』が一昨年11年ぶりに復活し、観客を文字どおり震えさせました。カンニング竹山をはじめ、オードリーの若林正恭、南海キャンディーズの山里亮太などもこのライブを観て『勉強しなきゃダメだ』と再確認したと言うほど。古舘は自身の話術をテレビで多くの人々に伝えられるような、新しいトーク番組のカタチを模索していますよ」(出版プロデューサー)

 いずれにせよ、今後の古舘の動向から目が離せない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?