芸能

古舘伊知郎が次に狙うのは「ジャーナリスト養成」と「新しいトーク番組」!?

20160104hurutati

 2016年3月で「報道ステーション」(テレビ朝日系)のメインキャスター降板を発表した古舘伊知郎。12年も続いた毎晩の帯番組で、さぞお疲れのことだろうと思いきや、新たな野望がいくつか聞こえてきた。

「古舘は以前から『自分の言葉でしゃべらないジャーナリストが多すぎる』と言っており、今後はテレビの仕事を減らし、ジャーナリストの養成に力を入れていくと思われます」(広告代理店関係者)

 長年、テレビの第一線で活躍してきた古舘だからこそ見えたビジョンなのだろう。

「古舘は良くも悪くもテレビの限界を痛いほど知っています。また、その限界を突破するためには教育と改革が必要だと考えているのです。そのために現在61歳の古舘ができることとして、ジャーナリストを養成するためのカリキュラムと、それに関する新しいシステム案を温めているようです」(前出・広告代理店関係者)

 そうかと思えば「古舘はまだテレビに希望を持っている」という声も。

「古舘がマイク1本のみで語り倒すトークイベント『トーキングブルース』が一昨年11年ぶりに復活し、観客を文字どおり震えさせました。カンニング竹山をはじめ、オードリーの若林正恭、南海キャンディーズの山里亮太などもこのライブを観て『勉強しなきゃダメだ』と再確認したと言うほど。古舘は自身の話術をテレビで多くの人々に伝えられるような、新しいトーク番組のカタチを模索していますよ」(出版プロデューサー)

 いずれにせよ、今後の古舘の動向から目が離せない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す