芸能

“二股隠し子過去”宮根誠司の強引すぎるベッキー擁護に「感覚がおかしすぎる」

20160112miyane

 ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音との不貞を報道されたベッキーが6日に謝罪会見を開いた。それを受け、翌7日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)でキャスターの宮根誠司がベッキー擁護論を展開。世間の常識とズレまくったコメントに視聴者から非難が殺到している。

 宮根はベッキーについて、既婚者である川谷の夫人への謝罪は必要だとしたうえで、「あのベッキーでも軽率な行動取るんだって、ちょっとホッとしたというか。ベッキーも人間なんだって。今まで完璧だったじゃないですか。でも普通の女の子だったんだな」と感想を語った。

 さらに宮根は、ベッキーが川谷の実家に行ったことについても、「実家に行ったら結婚のあいさつみたいなイメージするじゃないですか。僕は違うと思う」と強引に擁護。また、涙目で釈明を行ったベッキーに「似合わない。笑顔で仕事頑張っていただきたい」とエールを送った。

 不自然なまでにベッキーを擁護した宮根だが、自身も12年に隠し子騒動に見舞われた過去がある。

「宮根は飲食店経営女性との間に当時4歳になる女の子がおり、すでに認知をしていることを明かしました。宮根はその女性と知り合った時、すでに現在の妻と交際しており、二股をかけたうえにはらませてしまい、女性たちから総スカンを食らいました」(週刊誌記者)

 そんな過去がある男のまったく共感を得られない擁護論にネット上では、「いや、表現おかしい」「自分に隠し子がいると、『なんかホッとした。ベッキーも人間らしいんだ』ってなるんだ」「ベッキーをかばうのに必死すぎて途中から論点変わってたし、何言ってんだこの人」「普通の女の子は既婚者と付き合うってすごい基準ですね。二股隠し子男の言うことは違うね」とサンドバック状態になっている。

 宮根にはこの件についてコメントする資格が最初からなかったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
2
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
3
バスト&ヒップを同時堪能?「泥酔した」吉岡里帆を“介抱した”俳優に羨望の声
4
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
5
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?