芸能

27歳でもピチピチ?「あぶない刑事」のヒロインに菜々緒が選ばれた理由

20160117nanao

 10年ぶりの復活となる劇場版「さらば あぶない刑事」が今月末に公開。1月12日の完成披露舞台挨拶では、ヒロイン役の菜々緒がレッドカーペットを練り歩いた。だが、同シリーズに若手女優が出演するのはレアなケースなのだという。テレビ誌のライターが語る。

「初回放送時の1986年には、主役の一人である浅野温子もまだ25歳で、明らかに彼女がヒロイン役でした。しかし、そこから30年の歴史を重ねてきた中で、20代女優の主要キャストは竹内結子(出演時18歳)、本上まなみ(同23歳)、そして水川あさみ(当時22歳)くらいのもの。いくら刑事ものとはいえ、あまりにも女っ気がなさすぎるんですよ」

 そんな「あぶない刑事」だが、65歳の舘ひろしと64歳の柴田恭兵は本物の警察官ならすでに定年退職している年齢。これではあぶない刑事どころか“足元おぼつかない刑事”というのが正直なところだろう。しかし舘と柴田は元祖イケメン俳優でもあり、モテるシーンも欲しいところ。そこで抜てきされたのが、見栄えのいい美人でアクションシーンにも対応でき、171センチの長身ゆえ舘や柴田と並んでもバランスの良い菜々緒だったのかもしれない。

「27歳という年齢も都合がいいのでしょう。舘や柴田の活躍も知らないような若い子だと撮影現場で話も合いませんし、かといって30代だと変な艶気が出てしまう。60代のあぶ刑事コンビから見れば菜々緒くらいの年齢が“若くてピチピチ”を実感させてくれるんでしょうね」(前出・テレビ誌ライター)

 ぜひそのピチピチ感で、老兵ぞろいの「あぶない刑事」に若々しさを吹き込んでもらいたいものだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
「バス旅」太川陽介を唸らせる河合郁人の活躍で川崎麻世に不要論!
5
浅田舞“Eカップ”くっきり“宅トレ”番組が朝から際ど過ぎた!