芸能

27歳でもピチピチ?「あぶない刑事」のヒロインに菜々緒が選ばれた理由

20160117nanao

 10年ぶりの復活となる劇場版「さらば あぶない刑事」が今月末に公開。1月12日の完成披露舞台挨拶では、ヒロイン役の菜々緒がレッドカーペットを練り歩いた。だが、同シリーズに若手女優が出演するのはレアなケースなのだという。テレビ誌のライターが語る。

「初回放送時の1986年には、主役の一人である浅野温子もまだ25歳で、明らかに彼女がヒロイン役でした。しかし、そこから30年の歴史を重ねてきた中で、20代女優の主要キャストは竹内結子(出演時18歳)、本上まなみ(同23歳)、そして水川あさみ(当時22歳)くらいのもの。いくら刑事ものとはいえ、あまりにも女っ気がなさすぎるんですよ」

 そんな「あぶない刑事」だが、65歳の舘ひろしと64歳の柴田恭兵は本物の警察官ならすでに定年退職している年齢。これではあぶない刑事どころか“足元おぼつかない刑事”というのが正直なところだろう。しかし舘と柴田は元祖イケメン俳優でもあり、モテるシーンも欲しいところ。そこで抜てきされたのが、見栄えのいい美人でアクションシーンにも対応でき、171センチの長身ゆえ舘や柴田と並んでもバランスの良い菜々緒だったのかもしれない。

「27歳という年齢も都合がいいのでしょう。舘や柴田の活躍も知らないような若い子だと撮影現場で話も合いませんし、かといって30代だと変な艶気が出てしまう。60代のあぶ刑事コンビから見れば菜々緒くらいの年齢が“若くてピチピチ”を実感させてくれるんでしょうね」(前出・テレビ誌ライター)

 ぜひそのピチピチ感で、老兵ぞろいの「あぶない刑事」に若々しさを吹き込んでもらいたいものだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…