芸能

渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 映画「仁義なき戦い」シリーズや、ドラマ「十津川警部」など数々の作品に出演。昭和、平成を代表する名優と言われた渡瀬恒彦が、多臓器不全のため都内の病院で亡くなったのは、2017年3月14日のことだ。72歳だった。

 説明するまでもなく、3歳違いの兄は渡哲也。渡瀬は大学卒業後、当時日活の青春スターだった兄とは別の道を歩んで、電通に就職。その後、東映にスカウトされ、サラリーマンから役者に転じたユニークな経歴を持つ。

 そんな2人が俳優として共演したのは3回。最初は1971年のNHKドラマ「あまくちからくち」だった。その後、40年ぶりとなる2回目の共演が、2011年12月放送のTBSドラマ「帰郷」だった。

 これは下町の人情味あふれる家族の絆を描いたもので、2人は劇中でも兄弟役を演じた。12月5日、千葉県市川市内で撮影はクランクアップ。その後、ラストシーンの正装姿のまま記者会見に臨んだ2人は、40年ぶりの共演に「プライベートではしたことがない」という握手を交わして照れ笑い。

渡「身内には言いにくいが、(渡瀬は)私をはるかに超える俳優になった。私はボール気味のストレートしか投げられないが、弟はフォーク、スライダー、カーブも投げられる」

渡瀬「撮影が終わって、ある種の寂しさを感じている。また兄弟共演をやってもいいかな」

渡「弟とやるのはもう十分。遠慮します」

 照れる渡の姿に、会見場の雰囲気が和んだのだった。

 演技しかり、「ケンカも勉強も、弟の方が上だった」と常々語っていた渡だが、渡瀬の「芸能界最強伝説」が芸能記者の間で語り草になっていたことは事実だ。ベテラン芸能記者が言う。

「むろん本人の口から出た話ではありませんが、渡瀬は空手の有段者で、その強さはケタ外れ。安岡力也を東映会館の駐車場で半殺しにした、あるいは舘ひろしに鉄拳制裁を食らわせた。さらには血気盛んだった頃の、あの松田優作さえも一撃で倒したという伝説があり、映画を地で行く、いや映画以上の逸話が数多く残されています」

 ただ、ケンカの強さをひけらかすことはなく、現場では気配りの人とされ、多くの仲間や後輩から慕われていた渡瀬。

 そんな彼に胆のうガンが見つかったのは2015年だ。以降は闘病を続けてきたが、兄や仲間たちの願いが天に届くことはなかった。

 渡は石原プロを通じて、こうコメントした。

「幼少期より今日に到るまで二人の生い立ちや、同じ俳優として過ごした日々が思い返され、その情景が断ち切れず、辛さが募るばかりです」

 兄弟最後の共演は、2013年の「十津川警部シリーズ50作品記念『消えたタンカー』」だった。そして弟の死から3年後の2020年8月、兄も弟の元へと旅立った。

 深い絆で結ばれていた兄弟。天国では酒を酌み交わしながら、昔話に花を咲かせていることだろう。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ