芸能

意外に口が堅かった!?SMAP&カトパン騒動で明石家さんま株が急上昇

20160210sanma

 還暦を過ぎてもなお人々から愛され続けるお笑い界のトップスター、明石家さんま。先頃発表された「好感度の高い男性芸能人」と「第8回好きな司会者ランキング」の2つのアンケート調査でトップに輝いた。

「どちらもぶっちぎりの得票数を獲得しました。さんまは誰に対してもわけ隔てなく接し、どんなに毒舌を吐いても、根底に惜しみない愛を感じさせる。得意の出演者いじりでは、必ず笑えるオチに持っていくよう、細心の注意を払って応対しています。そんなバランス感覚の良さから当事者はもちろん、スタッフや芸能事務所からの覚えもめでたい。海千山千の大御所から素人まで、安心してまな板の上の鯉になることができるわけです」(芸能ライター)

 そんな気配り上手をもってしても、対応に苦慮し、心の休まる日々がなかったというのが、あのSMAP独立騒動とフジテレビの加藤綾子アナ独立発表だった。芸能界で顔が広く友人も多いうえに冠番組を持つさんまは、騒動になるずっと前から動きをキャッチしていた。さんまにはSMAP、加藤アナ双方との共演番組もある。ひとたび自分が口を開けば、あっという間に騒動を巻き起こすことは必至だったため、口にすることも許されない。じっと我慢の日々が続いたという。

「さんまは口から先に生まれたと言われるくらいのおしゃべり。寝る寸前までしゃべり続けている。そのうえとんでもないせっかちで、食事も風呂も5分で済ませるほど。美容院で待たされるのが嫌で、自分で白髪を染めるし、病院で待ちたくないと、健康診断すら受けないほど徹底している。そんなさんまが言いたくてたまらないことを胸に秘めたまま、沈黙を続けていたのだから、さぞかしストレスがたまったに違いありません」(芸能ライター)

 報道されてようやく、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「ヤングタウン土曜日」では、

「SMAPとカトパンを抱えて、バレたら俺のせいにされるんじゃないかと、グッとこらえて過ごしてきて。よく我慢した。ほめてあげたい、自分を」

 と、我慢の日々を過ごしたことを明かしている。

「裏事情を知りながら、それでもなおかつ口にチャックし、何食わぬ顔で共演を続けたのだから、大した役者ぶり。ひたすら時よ早く過ぎろ、と念じていたといいます」(女性誌記者)

 見かけによらぬ口の堅さで大いに男をあげたのだった。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え