芸能

ニッポンの“CMシンデレラ”50年の名場面(1)「芦川よしみ・タケダ胃腸薬21(1986年)」

20160218l

 そろそろバブル時代に突入しようかという86年、CMから流れたデュエットソングは爆発的にヒットした。芦川よしみ(57)と武田鉄矢が歌った「男と女のラブゲーム」である。

── 「タケダ胃腸薬21」のCMがオンエアされた瞬間に誰もが口ずさめましたねえ。スナックのチーママ役で歌った「飲みすぎたのは~、あなたのせいよ♪」のフレーズ。

芦川 普通はCMソングって15秒か30秒しか用意されないけど、あの曲は最初から1曲分の長さがあったんですよ。

── 大ヒットは確実と?

芦川 CM自体もそうです。1カ月のオンエアという契約だったのが、好評のうちに3カ月に延びました。

── 76年には歌手デビューしてレコ大の新人賞にも選ばれています。デュエットソングを歌うのはお手のものだったのでは?

芦川 いや、歌手をやめて女優に専念した直後だったので、私は「元歌手」ではなく、「チーママ役」の演技に徹して歌ったんですよ。

── お相手の課長さん役は武田鉄矢でしたが。

芦川 当時、武田さんはゴルフに凝っていらして、収録の合間もゴルフ談議ばっかりで。私はやらなかったのでチンプンカンプンでしたよ(笑)。

── CMであれほどヒットしながら、残念ながらレコードの共演は実現せず。

芦川 武田さんのスケジュールが取れなかったんですね。私は矢崎滋さんとのデュエットでしたが、他にもいろんな人たちとの競作になりましたね。

── 翌年の続編とも言うべき「男と女のはしご酒」は晴れて武田とのデュエットが発売され、ベストテンにも入る大ヒットに。

芦川 TBSの「ザ・ベストテン」では、私が映画の撮影で京都にいて、武田さんがコンサートで北海道。これに赤坂のスタジオも含めて3元中継でデュエットしたんですよ。

── プロの仕事ですねえ。いずれも、世の酒飲みにはテーマ曲のように浸透していました。

芦川 ドラマや映画の撮影で、二日酔いのスタッフが「飲みすぎたのは~」って歌いながら入ってくるんです。私、すかさず「自分のせいよ!」とツッコミを入れていました(笑)。

── それ以前には博水社の「ハイサワー」と、やはり酒絡みのCMがロングランでオンエアされてます。

芦川 全部で6パターンあったと思いますが、第1弾で私、いきなりバニーガールになってるんですよ。夫役の井上高志さんがお風呂に入っていて、そこにバニーの姿で「ハーイ、あなた、ハイサワーよ」って入って行くんです(笑)。

── あのシリーズでは、うたた寝しているダンナに「お客さん、終電だよ!」と語りかけるバージョンもヒットしましたね。

芦川 スタッフのちょっとしたアドリブから、ああいうフレーズが生まれていったんですね。

── 歌手デビューが76年、タケダのCMが86年、右顔面の骨折で6時間にも及ぶワイヤ手術をしたのが06年。末尾が6の年は人生の節目にぶつかっているように思いますが、この16年は明るくありたいですね。

芦川 はい、3月で大手術からちょうど10年だけど、失明の危機も乗り越えられたから、怖いものはないですよ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ