芸能

「月9」大爆死!有村架純が打ち上げで号泣したあの女優の後継者に!?

20160220arimura

 2月15日に放送された有村架純主演のフジテレビの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第5話の視聴率が8.8%だったことがわかった。同ドラマは放送以来、視聴率を下げ続けている。

「第5話では、東日本大震災の日までを描く第1章を完結させるとあらかじめ予告で煽り、さらに終盤には善人キャラだった高良健吾演じる練を、悪の性格へ豹変させるといった怒涛の展開を盛り込みました。また放送時間を15分拡大させ、後番組である『SMAP×SMAP』の視聴者を取り入れるなど、あらゆる手段を打ったにも関わらず、視聴率の低下は止められませんでした」(テレビ誌記者)

 月9といえば昨年、同枠史上初の視聴率1ケタスタートとして、福士蒼汰主演「恋仲」が話題になったが、それでも全話を通して8%台まで落ちることはなかった。

 現在、歴代の月9で最低記録を維持しているのが、尾野真千子主演の「極悪がんぼ」だという。

「『極悪がんぼ』は初回こそ13.6%というまずまずの数字を記録したものの、最終回前の10話では7.8%まで下降。それが月9における史上最低記録となっています。それがここにきて『いつ恋』が8%台を出したことで、尾野が持つ“月9最低視聴率女王”の冠を有村が継承する可能性が出てきた。尾野といえば、あまりの低視聴率に、打ち上げで号泣したことが話題となりました。そのため、今、尾野ファンからは、彼女を傷つけたこの不名誉な肩書きを有村に押し付けたいと、『いつ恋』の最低記録更新を望む声がネットで飛び交っているのです」(前出・テレビ誌記者)

 次回からは第2章として、5年後の主人公たちの姿が描かれる。はたして有村は、歴代最低視聴率女王という不名誉な烙印から逃げ切ることができるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”