芸能

「相棒」の迷走が本気でヤバい!刑事ドラマからSFものにシフトし視聴者があ然

20160220aibou

 昨年10月から放送中の人気ドラマシリーズ「相棒season14」(テレビ朝日系)。水谷豊演じる杉下右京の新しい相棒として、反町隆史が演じる法務省キャリア官僚の冠城亘が登場することが放送開始前から話題となり、初回視聴率は18.4%と好調なスタートを切った。しかし、回を追うごとに視聴率は下降の一途。最近では12%台も珍しくない状況だ。

「視聴者の意見は『前作の最終回がひどかったから観なくなった』『やはり反町の演技が‥‥』などさまざまですが、比較的多いのが『内容が面白くなくなった』という声です。長く続いたドラマだけに、テーマの限界説もささやかれています」(芸能ライター)

 そんな「相棒」だが、次回2月24日放送の予告が大きな波紋を呼んでいる。

「番組のホームページを見ると、タイトルは『物理学者と猫』。内容は、とある大学の研究室で『猫を中が見えないケージの中に入れた場合、“猫が生きている世界”と“死んでしまった世界”の両方が同時に存在し、蓋を開けた瞬間にどちらの世界になるか決まる』という現代物理の考え方『シュレディンガーの猫』について右京たちが話をしていたやさき、突然非常ベルが鳴り、右京たちは“ある人物が死んでしまった世界”に進む‥‥というのです。『繰り返される世界は、妄想か、異世界か、時間遡行か!?』という煽りを読む限り、『相棒』はもはや刑事ドラマではなくSFドラマになってしまうようです」(週刊誌記者)

 右京、そして「相棒」はどこへ向かっていくのか‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
2
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
3
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
4
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり