芸能

プロ失格!?西内まりや「キューティーハニー」に「ドロンジョを見習え!」の声

20160310nisiuchi

 唯一の見どころだったのに‥‥。これほど早く公開前の映画作品に赤信号が灯っているのも珍しい。

 若い世代から人気を獲得中のタレント、西内まりやが、スクリーンで「キューティーハニー」を演じることを発表。ところが、往年のハニーファンを牽制するように「色っぽさ封印」を打ち出したことで、ネット上では「ハニーフラッシュが嫌なら悪役でもやれよ!」「そんなものいったい誰が観るんだ?」「007がアクションはやりませんと言っているのと同じ」と、一斉にシラケ状態になっている。

「すでに公開されている格闘シーンを見ると、確かにコスチュームは原作とはまったく違いますね。肌見せが一切なく、色っぽさのカケラもありません。西内は“いい意味で裏切りたい”といったような発言をしていますが、事務所と本人が単にセクシーシーンを嫌ったのでしょう。完全に悪い意味でファンを裏切っています。その分、CGを使ったアクションシーンに力を入れるということですが、CGを駆使したバトルなど、ハリウッドのアメコミものに掃いて捨てるほどあります。もともと彼女のファンである若い女性たちが観に行くようなコンテンツでもありませんし、キューティーハニー世代の男性ファンも観ないでしょう。うわべは『楽しみだ』と太鼓持ちをしているメディアの間でも、じつは“大コケ確実”と言われています」(エンタメ誌編集者)

 永井豪の原作で大コケしたといえば、某人気映画評論家が100点満点中2点をつけた伝説の駄作「デビルマン」(04年公開)が有名だが、西内の「キューティーハニー」は、その二の舞になることが危惧されている。

「実写版でコケるのではと言われていた『ヤッターマン』が、深田恭子が演じたドロンジョのセクシーコスチュームで男性ファンを魅了し大ヒットしました。西内もドロンジョを見習って欲しかったですね。プロであるなら、ある程度のセクシーは観客動員のために頑張って、さらにアクションとストーリーでも納得させるものを作ればよかった。はっきり言ってガッカリです」(前出・エンタメ誌編集者)

 公開前にここまで言われるのも気の毒だが、それほどファンの多い原作であることの裏返し。「女優」西内まりやの前途は多難なようだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手