芸能

「不謹慎だ!」実写版「天才バカボン」が視聴者から批判された理由

20160315ueda

 3月11日に放送されたテレビドラマ「天才バカボン~家族の絆」(日本テレビ系)の視聴率が12.2%だったことがわかった。同ドラマは故・赤塚不二夫のギャグマンガ「天才バカボン」の実写化作品として注目を集めた。

「バカボンのパパ役を『くりぃむしちゅー』上田晋也、バカボン役を『おかずクラブ』オカリナが務めるなどキャストの話題性もあり、視聴率はまずまずだった。しかし、日テレによる昭和漫画の実写化といえば、昨年の『ど根性ガエル』がありますが、その作品も初回13.1%を記録したものの、以降は6%台まで下落。そのため今後、『バカボン』が連ドラ化されたとしても、物珍しさで集まった初回視聴者を逃してしまう可能性があります」(テレビ誌記者)

 内容に関しては「上田の演技がキツイ」「意外とおもしろかった」などと賛否が分かれ、他にもバカボンの弟・ハジメちゃんを演じた子役の早坂ひららの演技が凄いと、ネットでは放送後も話題になっている。

 だが、そんな視聴者の声の中には、ドラマの内容以上に放送日に対する批判が殺到しているという。

「『バカボン』の放送された日が、東日本大震災が起きた3月11日だったため、『天才バカボン』というタイトルが“天災”を思わせると、一部の視聴者が激怒したのです。内容には問題がなかったものの、ネットでは、『なぜよりによってこの日なんだ?』『不謹慎だろう』という声が飛び交いました」(前出・テレビ誌記者)

 またこの日は「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演した「オリエンタルラジオ」による音楽ユニット「RADIO FISH」が“天災”という歌詞を急遽“天才”と書き換えて歌ったことで、被災者への配慮が注目された。

 サブタイトルに「家族の絆」と入れてあることから、日テレがあえてこの日を選んだ可能性は高そうだが、視聴者がこれほど過敏な反応をしてくることは読めなかったようだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!
2
弘中綾香がはじけた!放送事故寸前“胸の奥見せ”と“ワンワン鳴き”
3
薬丸玲美“点滴中”のハミ出し爆裂バストが生ツバものだった!
4
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
5
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮