芸能

わが青春の“80年代アイドル”熱中時代!(4)「83年デビュー・桑田靖子」

20160331s

 聖子の「80年組」や明菜の「82年組」に比べ、不作とされたのが83年のデビュー組。それゆえに絆は今も強いと同年デビューの桑田靖子(48)は言う。

「3月10日に下北沢でライブをやったんです。そのリハに松本明子ちゃんが差し入れをたくさん抱えて来てくれました。本番は仕事で抜けるけど、リハではハモって2人で楽しみました」

 東京ディズニーランドが開園し、朝ドラ「おしん」が社会現象になった83年、靖子は「脱・プラトニック」でデビューした。ショートカットが印象的で、その歌唱力は評価が高かった。

 同じく歌唱力の高い松本も同期であるが、ここ数年は集合する機会が多いと言う。

「大沢逸美ちゃんがテレビで『同期に会いたい』と言ったのがきっかけなんですよ。それで私に明子、森尾由美、小林千絵、徳丸純子、木元ゆうこの7人がよく集まるようになりましたね。誰かがテレビに出るとか舞台をやる日には、朝からメールやラインが飛び交っていますよ(笑)」

 いくつかのコンテストでグランプリに輝き、数多くのアイドルを輩出した「サンミュージック」に所属。全盛期の松田聖子を間近に見て、衝撃を受けた。

「ステージの聖子さん、楽屋の聖子さんと拝見しましたが、ご自身でああしたい、こうしたいと伝えることのできるすごい人でした」

 同社の新人は、伝統として相澤秀禎社長(当時)の自宅に居候する。靖子も一つ屋根の下で多くを学び、2年後にデビューする岡田有希子とも1年ほど共に暮らした。

「ユッコとは堀越学園でも同じクラスで、本田美奈子ちゃんや高部知子ちゃんも一緒でした。堀越の修学旅行って、ハワイや韓国、そして北海道から選択できるんですけど、私たち芸能コースは『途中参加・途中帰京』もあるので、基本的に国内を選びます」

 そして、北海道の旅館で“事件”が起こった。男子生徒がずらりと並んで正座をさせられている。

「どうやら、お風呂をのぞいたのがバレちゃったみたい。確かに、ユッコや長山洋子ちゃんや倉沢淳美ちゃんもいたから、のぞきたくなる気持ちもわからなくはない(笑)」

 岡田有希子がサンミュージックのビルから飛び降り自殺したのは、卒業直後の86年4月8日のこと。

「大人には言えないことを言い合って発散できるのが芸能コースの仲間でした。卒業して、その場を失ったことも少し影響したのかなと思います‥‥」

 さて、靖子が知名度を上げていくのは、86年に始まった「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)のレギュラーに抜擢されてからだ。

「どこに行っても『靖子ちゃん、靖子ちゃん』と呼ばれるようになりましたね。ただ、番組が始まるまでは、どんな内容になるのかは誰も知らなかったんです。私と野口五郎さんは『カックラキン大放送』みたいな番組と聞かされていましたし」

 その後、一時は音楽活動から離れていたが、10年から同じ名義で再開。5月25日には新アルバム「幸せのトビラ」を発売し、6月には名古屋、大阪、福岡、佐賀、東京でツアーも行う。

「デビューから30年以上たって歌えるのも、不作と言われた同期たちと集まれるのも、続けていればこそだと実感しますね」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
クロちゃんのアイドルプロデュース企画に「最高すぎる!」ファン大絶賛のワケ