エンタメ

闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(3)あの人気番組にねつ造が発覚!

20160503hakkinc

 誰のせいでもない。あからさまなパクリも、卑劣な性犯罪も、実名をあげての暴露も、結局は著者の責任であり、やがては「販売差し止め」というペナルティにつながってゆく。

○「発掘!あるある大事典」

 スーパーから食材が消えるほどの人気番組だったが、07年に放映された「納豆ダイエット」で実験データのねつ造が発覚。これが問題視され番組は打ち切り、番組本も撤去に。

○「島津奔る」「遁げろ家康」池宮彰一郎

 02年に「遁げろ家康」が司馬遼太郎の「覇王の家」との類似点が、さらに03年に「島津奔る」が同じく司馬の「関ケ原」と類似箇所があるとして、絶版・回収になった。

○「あしゅらみち─冤罪─」郷田マモラ

 文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞に輝くなど、社会派で知られていたが、傷害などで逮捕。女性アシスタントに不埒な行為を強要するなどの実態が明らかになった。

○「悪役ブルース」梶原一騎・峰岸とおる

「巨人の星」や「あしたのジョー」など劇画原作の帝王であった梶原が、月刊少年マガジンの編集者に対する傷害で逮捕。同じ講談社の雑誌に連載していた本作は打ち切りとなる。

○「天水」花輪和一

 怪奇ファンタジーを得意とする作家だったが、趣味が高じて所持した改造銃により、銃刀法違反で逮捕。初犯から実刑となったが、後に体験を元にした「刑務所の中」が大ヒット。

○「8マン」平井和正・桑田次郎

 アニメの主題歌を歌った克美しげるは愛人殺害、実写化したリム出版は不入りで倒産と呪われた作品だが、連載当時も作画の桑田次郎が拳銃の不法所持で逮捕され、打ち切りに。

○「世紀末リーダー伝たけし!」島袋光年

 少年ジャンプを支える人気連載だったが、作者の島袋が女子高生との“オイタ”により逮捕。連載は打ち切られ、これまでの単行本も絶版に。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」