スポーツ

北島康介「29歳の進化」 「ライバルの前で記録を出しプレッシャーで潰す」(2)

アテネでピークを迎えるために

 04年アテネ五輪での金メダル獲得。それを実現するためにと平井はスケジュールを立てた。福岡で開催される01年世界選手権でメダルを獲得し、02年には世界記録を出させる。そして03年世界選手権で頂点に立ち、優位な立場で五輪を迎えようと──。
 平井は北島の選手としてのピークを00年シドニー五輪ではなく、21歳で迎える04年アテネ五輪だと考えていた。だからこそ小さくまとまった泳ぎにしたくないと、細かい技術の追求は後回しにしていたのだ。
 ウエイトトレーニングで体を作り、練習量を増やして泳ぎの改良をして磨いていけば、さらに力を伸ばせるという自信はあった。
 その第一弾となったのが、01年7月の世界選手権だった。狙ったのは100メートルだった。予選で1分00秒95の日本記録をマークした北島は、準決勝では1分00秒61にまで記録を伸ばした。トップ通過は59秒94の世界新で泳いだスロードノフだが、北島の記録は全体の3番目。メダルへ王手をかけた。だが決勝ではタイムを落とし、またしても4位だった。
 準決勝と同じ記録なら銅メダルに届いていた。アメリカのコーチから「3レースの全てを1分00秒台で泳いだのは優勝したスロードノフと北島だけ。よかったじゃないか」と声をかけられたが、うれしくも何ともなかった。
「1年前よりタイムは上がっていても、肝心なところで結果を出せないのは、何も変わってないことじゃないか」
 と思い、北島はへこんだ。
 平井もショックだったが諦めなかった。大会前の練習では大きな泳ぎを身につけさせるため、北島に200メートルをベースにした練習をさせていた。本人は100メートルが得意だと思っているかもしれないが、200メートルのほうがチャンスが大きいのではないかと考えた。
「200メートルは絶対にメダルを獲ろう!」
 と北島にハッパをかけて臨んだ200メートル。準決勝では自己記録を大幅に更新し、2番目のタイムで決勝へ進んだ。そして決勝で北島は、「ストローク数を少なくして、大きく伸びる泳ぎをしろ」という平井の指示を忠実に守り、2分11秒21の日本記録で3位になった。
「どうしても欲しいメダルだった。シドニーからずっと胸につっかえていた感情が、このメダルで溶けた気がする」
 と北島は喜んだ。
 そして、さらにパワーアップした02年には、肩と肘を痛めて8月のパンパシフィック選手権は100メートルで圧勝したあとの200メートルは棄権したが、10月のアジア大会200メートルでは、92年以来10年間破られていなかったバローマン(アメリカ)の記録を0秒19更新。世界で初めて2分10秒の壁を突破する2分09秒97の世界記録を樹立したのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
4
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!