スポーツ

北島康介「29歳の進化」 ライバル訃報で誓った“頂点”への決意(2)

ハンセンとの“駆け引き”
 北京五輪の前年となった07年3月の世界選手権は、ライバルのハンセンに自分の存在を強く植え付けなければいけない大会だった。そこで、ハンセンに進化する姿を見せておけば、アテネで敗れている彼にとっては大きなプレッシャーになるからだ。
 年末から年始にかけての合宿ではこれまでにないほど泳ぎ込んだ北島は、自分の仕上がりに期待感を持って大会に臨んだ。そして最初の100メートル予選では、59秒96でトップ通過と勢いを見せたのだ。
 翌日の決勝も北島は攻めた。前半が速いハンセンにプレッシャーをかけようと、最初の50メートルを自身初の27秒台。それも自分が持つ50メートルの日本記録より0秒01遅いだけの27秒79で入ったのだ。
 ハンセンとの差は0秒12 。その差は後半も変わらなかった。そこから伸びるはずの相手も、北島の速い入りに驚いて泳ぎを崩したからだ。北島も後半は疲れが見え、59秒96 にとどまったが、優勝したハンセンとの差は0秒16。接戦に持ち込んだ。
「ハンセンもやっぱり人間ですね。持ちタイムは圧倒的に違っていても、プレッシャーがかかる場では僕のことを意識するし、勝負を意識する。この競い合いは絶対に次へつながるし、僕もここから彼にプレッシャーをかけ続けていける」
 次の200メートルでも前年のパンパシでつけられた差がどこまで縮まっているか確かめられる、と楽しみにしていたからだ。
 だがその希望はあっけなく消滅した。ハンセンは体調を崩したという理由で、200メートルを棄権したからだ。逃げたのか・・・? 対決は北京までお預けとなった。
 ライバルがいないレースで北島は、余裕を持って優勝した。だが記録は2分09秒80と平凡だった。
「やっぱりハンセンがいないとダメですね。彼と競り合う感覚を味わうためにここへ来たのに」
 そう言って苦笑した北島は、こう言葉を続けた。
「もちろん今の時点ではハンセンのほうが一枚も二枚も上です。でも、だからこそ『死に物狂いで頑張ってやる』『負けてもいいからもう一回チャレンジする』という気持ちになれたんです」
 ライバルに追いつき、倒したい。その思いが彼の北京への気持ちを燃え上がらせたのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
老化でもう限界!?太川陽介、バス旅で犯した「致命的なミス」とは
2
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(中)相手にもされなかった“大物俳優”
3
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”
4
加藤綾子が「アナザースカイ」で語れなかった“中3でホストと交際”過去
5
裏で1人でヤッてた!?「テラスハウス」史上最悪の展開にネットが大荒れ!